レイカーズOBのデレック・フィッシャー「2009年優勝時のチームは現在のNBAでも十分戦える」

ロサンゼルス・レイカーズが2009-10シーズンにリーグ2連覇を達成してから10年が経ったことを記念し、ウェブメディア『Clutchpoints.com』は、当時の主力メンバーであるデレック・フィッシャーにインタビューを実施した。 インタビュー内でフィッシャーは、この連覇において、ファイナルで宿敵ボストン・セルティックスと対戦した2009-10シーズンが注目されることが多く、前年のチームが忘れられがちだと語っている。 フィッシャーは成績では2008-09シーズンのチームがレギュラーシーズン65勝17敗と、翌年の57勝25敗を上回っていると指摘。また優勝に必要不可欠だった選手として、ラマー・オドム、トレバー・アリーザ(現ポートランド・トレイルブレイザーズ)の2人を挙げた。 「2009-10シーズンのチームにおいて、ロン(アーテスト)はボストンとのファイナル第7戦で、チームに大きな勢いを与える3ポイントシュートを決めたことでみんなの記憶に残っている。ただ、2009年に優勝したあと、トレバーがチームを去ったことでみんな混乱していた」 このようにアリーザの重要性を説いたフィッシャーは、続けて2008-09シーズンのチームがいかに強力であったかを語っている。 「2008-09シーズンのチームは、現在のNBAのどのチームが相手でも十分に戦えるはずだ。どこよりも優れていると言うつもりはない。ただ、試合の運び方、それぞれの選手のスキルを見れば、2009年チームは今のリーグでも楽しい試合ができると思う」

Comments (2)

    Related Tags

    Teams

    • レイカーズ

    Keywords

    • ニュース全般
    • コービー・ブライアント
    • デレック・フィッシャー

    Popular

    Featured

    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. レイカーズOBのデレック・フィッシャー「2009年優勝時のチームは現在のNBAでも十分戦える」