カーメロ・アンソニー、復活の要因は愛息の存在「諦めてはいけないと思わせてくれた」

カーメロ・アンソニーは昨年11月にポートランド・トレイルブレイザーズと契約するまで、約9か月の無所属期間があった。通算得点で歴代トップ20入り、オールスター出場12回を誇る実績から、当初は自分の現状を「恥ずかしい」と思ったというが、愛息の存在がNBAの舞台に戻るきっかけになったと明かしている。 2003年ドラフト1巡目3位でデンバー・ナゲッツに指名されてNBA入りしたカーメロは、自慢の得点力を武器にルーキーイヤーから活躍。2010-11シーズン途中にニューヨーク・ニックスへ移籍すると、2012-13シーズンには平均28.7得点を記録して自身初の得点王に輝いた。2014年1月には聖地マディソンスクエア・ガーデンでキャリアハイとなる62得点を挙げるなど、リーグを代表するスコアラーとして活躍してきた。 昨季途中にヒューストン・ロケッツから放出され、トレード先のシカゴ・ブルズも解雇される憂き目に遭い、9カ月以上も無所属の期間が続いたなか、昨年11月にブレイザーズと契約。35歳となったベテランはデイミアン・リラード、CJ・マッカラムに次ぐ第3の攻撃オプションとして復活し、平均15.3得点、6.3リバウンド、1.6アシストを記録している。 ただ、無所属になった当初は現実を受け入れられない自分がいたようで、NBAにいない状況に直面することを恐れ、13歳の息子キヤンくんのAAUトーナメント観戦を躊躇していたという。カーメロはブレイザーズの同僚であるマッカラムの『Pull Up Podcast』に出演し、当時の胸中を明かした。 「俺は自分に疑問を持ち始めた。なぜ? 一体どうしたんだ? 俺は何か間違ったことをしたのか? 俺はまだプレイできるのか? これらの考えが頭を巡っていた。NBAにいない事実を恥ずかしく思う自分がいた。知っての通り、子どもたちは正直だ。『どうしたの、メロ?』という質問に応じたくなかった」 ただ、キヤンくんと日々を過ごすなかで、一度は離れたバスケットボールへの愛を思い出したという。 「バスケットボールから逃げたのは、試合から離れて平和に暮らす唯一の方法だと知っていたからだ。息子のバスケットボールと人生に、自分自身を重ね合わせたのは初めてだった。そして、子どもたちの自分への愛に気づいた。それが元居た場所に戻ろうと思うきっかけになったんだ。息子のトーナメントを観に行き、彼のチーム、彼のチームメイトと過ごした。子どもたちが諦めてはいけないと思わせてくれたよ」 同じ2003年ドラフト組のレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)は、35歳となった今もリーグトップクラスのプレイを披露している。カーメロがNBAで戦う姿をまだ見続けたいと思うファンも多いに違いない。

■初月無料でNBAを観る

コメント(6件)

  • 006
    けんだマン
    2か月前

    2Kのマイチームだったら必ずカーメロ入れる

    0
  • 005
    Damian
    2か月前

    俺もリラードも1つの要因やと思う。メロには先輩としてのリスペクトをしつつブレイザーズのメンターとして軌道修正してくれたんやないかなって。まだまだやれる実力ありながら長い間戻れなかった状況がそれを物語っている。

    4
  • 004
    ぱにっしゅめんず
    2か月前

    絶対リラード。 気持ちでどうこう変われる状態じゃなかったね。 復活の要因はリラード もしくはブレイザーズ。

    7
  • 003
    日本のアイバーソン
    2か月前

    ジャブステップとポンプフェイクは凄いです!! 芸術的です!! チーム戦術にアジャストさえすれば、まだまだやれるはず!! 応援してます!!

    4
  • 002
    gr
    2か月前

    時代のせいだなぁ もちろんアジャストする努力は必要だけど

    2
  • 001
    へい
    2か月前

    当たり前じゃん!頑張ってメロ!

    4

関連タグ

チーム

  • トレイルブレイザーズ

選手

  • カーメロ アンソニー

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. カーメロ・アンソニー、復活の要因は愛息の存在「諦めてはいけないと思わせてくれた」