“カリー超え”のバディ・ヒールドが3ポイント王「シューターとして勝ちたかった」

NBAは2月15日(日本時間16日)、オールスター・サタデーナイトのイベントの一つである3ポイントコンテストを開催。今季ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)を上回り、NBA史上最速で3ポイントシュート通算800本を成功させたサクラメント・キングスのバディ・ヒールドが新チャンピオンに輝いた。 今回から3ポイントラインより6フィート(約183㎝)後方に2か所の「MTN DEWゾーン」を新設。「3ボール」と呼ばれる緑色のボールが置かれ、決めると3点が加算されるようになった。それに伴い、1ラウンドのボール数は25個→27個、持ち時間は60秒→70秒、最高得点が34点→40点に変更となった。 ファーストラウンドの5人目で登場したヒールドは、マネーボール5投すべてを成功させ、それまでの最高得点だったデビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)に並ぶ27点をマーク。直後のワシントン・ウィザーズで八村塁と同僚のダービス・ベルターンスも26点を挙げ、ファイナルラウンド進出を果たした。 ファイナルラウンドは1番手のベルターンスが22点、ブッカーが26点を挙げたなか、最後に登場したヒールドは決めれば優勝、外せば準優勝という最後のマネーボールを見事に成功させ、27点でフィニッシュ。鮮やかな逆転劇で初の栄冠を手にした。 ヒールドは今季、2月8日(日本時間9日)のサンアントニオ・スパーズ戦でキャリア通算800本目の3ポイントシュートを成功。通算296試合目での800本達成は、同記録を305試合で達成したカリーを抜いてNBA史上最速となり、大きな話題を呼んだ。 「シューターとして勝ちたかった。すべてのシューターが勝つことを望んでいると思う。ジョー(ハリス)は去年の王者で、(ダービス)ベルターンスは素晴らしい一年を過ごしている。デビン(ブッカー)、トレイ(ヤング)、ザック(ラビーン)。リーグを代表する3ポイントの名手たちだ。そのなかで勝てたから最高だよ」 ヒールドは改めて、自らの名前をシューター界に轟かせてみせた。 <ファーストラウンド結果> デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ) 27点 バディ・ヒールド(サクラメント・キングス) 27点 ダービス・ベルターンス(ワシントン・ウィザーズ) 26点 ザック・ラビーン(シカゴ・ブルズ) 23点 ジョー・ハリス(ブルックリン・ネッツ) 22点 ダンカン・ロビンソン(マイアミ・ヒート) 19点 デボンテ・グラハム(シャーロット・ホーネッツ) 18点 トレイ・ヤング(アトランタ・ホークス) 15点 <ファイナルラウンド結果> バディ・ヒールド 27点 デビン・ブッカー 26点 ダービス・ベルターンス 22点

■初月無料でNBAを観る

コメント(17件)

  • 017
    ブレ男
    4か月前

    ブッカーも凄かったけど、リラード見たかったなぁ

    0
  • 016
    nba gril
    4か月前

    やった!!!!!

    0
  • 015
    冗談ぷぅる
    4か月前

    トレイヤングやらかしたな

    0
  • 014
    ルサ
    4か月前

    嬉しいけど、トレード志願してるだけに複雑。

    0
  • 013
    キヨッペ
    4か月前

    ルールは単純だけど、マネーボールやディープ3のエリアが増えたりして、適度な逆転要素もあって面白い。

    0
  • 012
    ひきこもり
    4か月前

    ベンチからのほうが率がいい。出場時間はもらえてるし、悪くないと思うけど。

    0

関連タグ

選手

  • Buddy Hield

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAオールスター

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. “カリー超え”のバディ・ヒールドが3ポイント王「シューターとして勝ちたかった」