ホーネッツがマイケル・キッド・ギルクリストを解雇

2月8日(日本時間9日)、シャーロット・ホーネッツはマイケル・キッド・ギルクリストを解雇したとチームの公式サイトにて発表した。 2012年のドラフト全体2位でリーグ入りしたキッド・ギルクリストは、キャリアのすべてをホーネッツでプレイし、通算平均8.6得点、5.5リバウンド、1.2アシストを記録。出場試合数(433)とリバウンド(2,388)は共にフランチャイズ歴代5位、ブロック(301)は同6位にランクしている。 直近2シーズンでは極端に出場時間が減少しており、今シーズンはわずか12試合の出場で、平均13.3分、4.0得点、2.9リバウンド、0.8アシストと自己最低のシーズンを過ごしていた。 16勝35敗のホーネッツは若手主体でシーズンを戦っており、33歳のマービン・ウィリアムズも同日にバイアウトされている。 『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、キッド・ギルクリストにはダラス・マーベリックスが興味を示しているようだ。

■初月無料でNBAを観る

コメント(10件)

  • 010
    令和ーず
    7か月前

    マービン、バックス行きになったらしいですよ

    0
  • 009
    7か月前

    バテューム高額すぎてどうしようもない気がする.......

    1
  • 008
    じゅじゅ
    7か月前

    高額過ぎてトレード難しかったんでしょう。 残るはバテューム。

    0
  • 007
    こっしゃん
    7か月前

    是非ポーランドへ

    1
  • 006
    Mr.ギリギリマスター
    7か月前

    最近のドラフト2位指名選手は、2006、2007以外トレードされたり、解雇されたり、忙しいな

    0
  • 005
    warriors
    7か月前

    MKGはもっとオフェンスが良ければなあ

    1

関連タグ

チーム

  • ホーネッツ

選手

  • Michael Kidd-Gilchrist

キーワード

  • 移籍・トレード

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. ホーネッツがマイケル・キッド・ギルクリストを解雇