シクサーズ、レギュラーシーズンにおける敵地でのラプターズ戦で15連敗

現地1月22日、トロント・ラプターズとフィラデルフィア・76ers(以下、シクサーズ)の一戦は、ホームのラプターズが107-95で勝利した。イースタン・カンファレンスの上位対決を制したラプターズは、連勝を5に伸ばしている。2012年11月10日を最後にトロントでのレギュラーシーズン戦で勝てずにいるシクサーズは、この日の敗戦で15連敗と、またしても悪い流れを止めることができなかった。 大黒柱のジョエル・エンビードを故障で欠くシクサーズは、試合開始4分で主力のジョシュ・リチャードソンが左ハムストリングを痛めて負傷退場。そこから嫌な流れになると思いきや、他の選手のシュートが好調で、第1クォーターは35−26と先行する。 第2クォーターでは守備を立て直したラプターズが反撃し、50-50の同点で前半を終える。後半も一進一退の戦いが続くなか、ラプターズは第4クォーター残り4分25秒、3点リードの状況から怒涛の連続10得点で突き放し、これが決め手となった。 苦手克服とならなかったシクサーズのトバイアス・ハリスは、『AP通信』の取材に「主力を欠く中でも俺たちには、この試合に勝つチャンスがあった。ただ、ラプターズを讃えないといけない。彼らは第1クォーターの後、守備で素晴らしい仕事をしていた」と振り返る。 ラプターズのニック・ナースHCも、守備の立て直しが勝因だったと語る。「最初の4分で5本もノーマークの3ポイントシュートを打たれてしまった。しかし、ここ一番でしっかり守れた。後半の大半の時間で、よく動いてフィジカルにプレイできた」 また、この試合の前まで8試合の内、7試合で15得点以上と好調を維持していたリチャードソンの負傷について、ベン・シモンズはこのように語っている。「彼は、ディフェンス、オフェンスの両方で大きな存在だ。どれくらいの期間になるにしても彼の不在は痛いね」 ちなみにこの試合、ラプターズで得点を挙げたのは6人のみだったが、全員が16得点以上をマーク。『ESPN STATS』によると、試合で得点を挙げた選手が全て15得点以上だったのは、1996年2月のオーランド・マジック以来という珍しい記録だった。

■初月無料でNBAを観る

コメント(9件)

  • 009
    [設定されていません]
    7か月前

    このコメントは削除されました

  • 008
    Mr.ギリギリマスター
    7か月前

    白衣の天使は智将だぜ

    0
  • 007
    京都のじじぃ
    7か月前

    今年もまた、あかんわ。

    0
  • 006
    ジョンビー
    7か月前

    ジョシュリッチはトレードの放出候補なのに怪我したら動けないし試合にも出れないとか最悪

    2
  • 005
    warriors
    7か月前

    そんなに連敗してたんだ。タンクしてた時の負けが大きいのかな

    2
  • 004
    スパイシーP
    7か月前

    いいよー ラプターズ‼️

    1

関連タグ

チーム

  • 76ers
  • ラプターズ

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. シクサーズ、レギュラーシーズンにおける敵地でのラプターズ戦で15連敗