ルカ・ドンチッチはキングスにドラフトされると思っていた?

2015年から18年までレアル・マドリードでプレイしたルカ・ドンチッチは、2018年のNBAドラフト1巡目全体3位でアトランタ・ホークスに指名され(その後トレードでダラス・マーベリックスへ移籍)、ルーキーイヤーから72試合に出場して(全て先発)1試合平均21.2得点、7.8リバウンド、6アシストという大活躍で新人王に輝いた。 今でこそマーベリックスの顔となったドンチッチだが、NBAドラフト前のレアル・マドリード時代には「自分はきっとサクラメント・キングスにドラフトされる」と考えていたそうだ。 ドンチッチがこう考えた経緯について、『Clutchpoints.com』のブルーノ・マンリケ記者は以下のようにリポートしている。 2018年6月、ビベク・ラナディブ・オーナーを含むキングスのフロント勢がスペインのマドリードまで足を運んでドンチッチのプレイを視察し、一緒にディナーを楽しんだそうだ。この時、当時19歳のドンチッチは「彼らは俺のプレイを見るためにわざわざマドリードまで来てくれた。しかも、オーナーをはじめとするフロント全員が来てくれた。きっと彼らが俺をドラフトで指名すると思ったよ」と、『The Athletic』のサム・アミック記者とのインタビューで語っている。 しかし、キングスはドラフト全体2位でドンチッチではなくデューク大のマービン・バグリー三世を指名した。このキングスの判断について、ドンチッチは「おそらく、俺がユーロリーグでプレイしていたからだ。ヨーロッパとアメリカのバスケットボールは違うからね。俺は、スペインリーグで1試合平均12得点を記録して、ユーロリーグでは平均14得点を記録した。この数字は、(NCAAでプレイした選手とは)違う物差しで見ないといけないんだ」と考えているそうだ。 たしかに、成熟した大人のプロ選手相手に20歳にも満たない選手が平均12得点や14得点を記録したというのは驚異的なことだし、リーグの規模の面で見ても、NCAAよりもユーロリーグの方がずっと大きな舞台だ。 だが、キングスのフロントを責めることは誰にもできない。ユーロリーグで1試合平均14得点を記録したドンチッチが、NBA2年目でその倍にあたる1試合平均28.8得点を記録するようになるとは、当時は誰も予想していなかったはずだ。

コメント(13件)

  • 013
    Cレディッシュに期待
    8か月前

    >京都のじじぃ様 ドーランやサーバーについては存じております。サンズの金のための解雇やトレード。ドーランのファンや選手に対するリスペクトの無さ。ミッチェルロビンソンやニリキナ、ノックスを育成しなかったフィズデールの采配など。 そういった事まで評価してくださいや叩かないでと言うつもりはありませんでした。 私の言いたかった事が誤って伝わってしまったこと申し訳ありませんでした。

    0
  • 012
    げんまさ
    8か月前

    ドンチッチの一人称は僕がいいな

    5
  • 011
    てる
    8か月前

    キングスドラフトで一応ヤニスとルカが一緒のチームになる可能性あったのか

    0
  • 010
    京都のじじぃ
    8か月前

    フロントを叩いてはいけない?笑笑笑 ニューヨークのオーナーとフロントに感謝状でも送れば…

    0
  • 009
    [設定されていません]
    8か月前

    このコメントは削除されました

  • 008
    LAC
    8か月前

    ドンチがパッション戦士の一員と考えると草生えるなこれ

    1

関連タグ

選手

  • Luka Doncic

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. ルカ・ドンチッチはキングスにドラフトされると思っていた?