現代最強スコアラーのジェームズ・ハーデン、ウィルト・チェンバレン以来の平均40得点は可能?

ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンは史上7人目の3年連続得点王に向けて、今季も平均38.2得点とランキング首位を独走中だ。そのなかで、個人タイトル獲得とともに、平均40得点の大台を超えるかどうかにも注目が集まっている。 ハーデンは昨年12月、史上初の2戦連続50得点+3ポイント成功10本を達成するなど今季も圧倒的な爆発力を披露。新加入のラッセル・ウェストブルックとの融合が懸念されたなか、30得点オーバーの試合を連発してチームも23勝11敗(現地1月1日時点)とウェスタン・カンファレンス上位につけている。 ハーデンの平均38.2得点はマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)が1986-87シーズンに記録した平均37.1得点を上回り、1試合100得点を達成したウィルト・チェンバレン(元ロサンゼルス・レイカーズほか)が平均44.8得点を挙げた1962-63シーズン以来の最高数値だ。平均40得点以上の大台にも期待が懸かるが、『ESPN』のティム・マクマホン記者は「現実的ではない」と展望している。 「ハーデンは現代最高のスコアラーとしての地位を確立している。ダリル・モーリーGM(ゼネラルマネージャー)が夏に主張していたように、ウィルト・チェンバレン以来のリーグ最高のスコアラーとしてマイケル・ジョーダンを上回っていると言える。しかし、ハーデンが史上最高の選手の上位にランクインするためには、NBAタイトルを獲得する必要があるだろう」 30歳のハーデンは、ここまでリーグトップの平均37.5分間プレイしている。エリック・ゴードンが膝の手術を受けて長期離脱した影響で負担が増えていたが、12月29日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦からゴードンが復帰。シーズン後半戦、さらにはプレイオフを見据えるうえではエースの消耗をいかに抑えられるかが鍵を握ると、マクマホン記者は主張している。 「チャンピオンシップ獲得がゴールであり、スタッツではない。理想としては、ロケッツは残りのレギュラーシーズンでハーデンの出場時間を調整する。平均40得点を追い求めるのはなんの助けにもならない。プレイオフに向けて準備するいいがいいだろう」 ハーデンが平均40得点をクリアするには残り1979得点を必要とし、残り48試合すべてに出場したとして平均41.2得点以上を挙げなければならない。はたして、現代最高のスコアラーは最終的にどのような数字でシーズンを終えるのだろうか。

コメント(11件)

  • 011
    Happyhour
    4か月前

    ハーデンなら狙えば簡単に狙えるとは思いますが、やはり勝利につながるかは別かなと思います。 サンダー時代から含めてチャンピオンにはあと一歩なので、ウエストブルックとのコラボでなんとしても今年はチャンピオンになってほしい!

    1
  • 010
    はっちゃん
    4か月前

    髭が30点なら少ないって感覚がすでにおかしいですよね💦 チャンピオンリングしか見えてないでしょうね💍 HOUも最強GSWを本気で倒せる所まで来て惜しかったので、ヒゲもラスも欲しいのは💍だけでしょうね😍

    1
  • 009
    髭ストブルック
    4か月前

    ゴードンも帰ってきたし優勝を優先してほしいな

    2
  • 008
    JRSmith
    4か月前

    可能❓可能。でももっとハーデン中心のオフェンスにしないと。そう考えれば考えるほどラスが可哀想になって来る。仮にハーデンがシーズン40点残して👌ってやってる間のラスの心情どうよ❓

    0
  • 007
    生茶
    4か月前

    いや狙わなくていい もうすごいスコアラーってのは分かったからチームが優勝するために何が出来るかを優先して

    2
  • 006
    ラス
    4か月前

    こういう議論が起こる、ということがハーデンの素晴らしさを物語りますね

    3

関連タグ

チーム

  • ロケッツ

選手

  • James Harden

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. 現代最強スコアラーのジェームズ・ハーデン、ウィルト・チェンバレン以来の平均40得点は可能?