マイアミ・ヒート、絶好調の理由はチームカルチャーにあり

マイアミ・ヒートには試合前に行うある儀式がある。ベテランのユドニス・ハズレムが円陣の中心に入り、気合入れを行うのだ。ハズレムは毎回ある言葉で締めくくっている。 「俺たちには俺たちしかいない。俺たちには俺たちしか必要ない。俺たちより優れたヤツなんていない!」 その真意を問われたハズレムは、「重要なのは組織に関わる全ての人であり、さらに重要なのは同じ目標に向かいベストを尽くしている仲間たち」と語った。彼の言葉を鑑みると、ヒートは厚い信頼関係に結ばれているようだ。この信頼関係は、パット・ライリー社長の経営下で地道に築かれたチームカルチャーから成るもので、チームが好成績を残せている大きな要因の1つとなっている。 「俺たちは強い自信を持ったチームだ。チームメイト全員がお互いを信じている」 そうコメントしたのは、ドラフト外からの加入にも関わらず、大活躍で周囲を驚かせているルーキーのケンドリック・ナンだった。 多くのチームがフリーエージェント(FA)でスター選手を獲得し、一発逆転のロスター強化を図るなか、ヒートは選手の育成に注力する独自の手法を貫いた。今季のヒートを見ている限り、その努力が奏功しているように見える。ロスターにはマイアミで成長した数々の若手に加え、スーパースターのジミー・バトラーが在籍している。さらに、FAで大胆な賭けに出ていないヒートには、豊作となる2021年のFAでスター選手を獲得するために必要なキャップスペースが十分にあるのだ。 現在18勝7敗でイースタン・カンファレンス3位につけるヒートには数々の旬な選手が在籍しており、ベテランのゴラン・ドラギッチとジャスティス・ウィンズロウが怪我で欠場するなか、チームを支えている。ヒートに上手くフィットしているバトラーは、チームの勝利に貢献しているバム・アデバヨ、ダンカン・ロビンソン、ルーキーのタイラー・ヒーローとナンを賞賛している。 「チームに求められることは全てやるよ。勝つためなら何でもやるさ。そのために俺はここにいる」 バトラーはそう語った。 ライリー社長の選手育成を軸とした経営方針により選手は自信を持ち、最高のレベルでプレイできる環境にあることが、チームメイトの信頼関係を築かせているのかも知れない。ヒートが好調なのは、若手からベテラン、そしてスーパースターからドラフト外の選手全員が上手くフィットしており、素晴らしいチームケミストリーを築いていることが大きな要因の1つだといえる。

コメント(17件)

  • 017
    ヒロマイナスワン
    4か月前

    膝に手をついちゃダメって高校の時の部活(バスケ部)と同じだ。俺は自分に甘く人に厳しいからジミーと大違いだ

    0
  • 016
    HBZ
    5か月前

    良いチーム! バトラーは自分に合った環境に巡り合えて良かった! もう一段上がるための戦略が楽しみだ。

    1
  • 015
    Mr.ギリギリマスター
    5か月前

    湘北のカルチャーと一緒だ

    2
  • 014
    マルフォイ
    5か月前

    アクシデントなのに「怪我させやがって」は人としてどうかと思うわ

    10
  • 013
    ta123ta28
    5か月前

    くそ、ドンチッチ怪我させやがって、、

    0
  • 012
    りょう
    5か月前

    ヒートがこんなに強くなるとは...

    2

関連タグ

チーム

  • ヒート

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. マイアミ・ヒート、絶好調の理由はチームカルチャーにあり