中国バスケ協会、ロケッツとの協力関係を凍結

中国バスケットボール協会(CBA)は、ロケッツのダリル・モーリーGMが香港の民主化運動への支持を、ツィッターで表明したことで協力関係を凍結すると発表した。CBAは中国のツィッターといえるWeiboにてモーリーの発言について「香港に対する不適的な言及があり、強く遺憾の意を表明する」と投稿している。 現在、香港では中国の方針に対するデモが盛んに行われ、それに対する取り締まりが暴力的で過激になってきている。そして、中国政府は、民主化を支持する外国の言動を避難している状況だ。 CBAが問題視したモーリーの投稿は、「自由への戦い。香港を支持する」というもの。そして、ロケッツのティルマン・ファーティタオーナーは、モーリーの発言は彼の見解でありチームとは関係ないもの、と距離を置こうとしている。

コメント(5件)

  • 005
    Rip City32
    5か月前

    政治とスポーツは一緒にしたらだめよ

    1
  • 004
    京都のじじぃ
    5か月前

    えるべすさんの言うとおりです 中国依存はあきまへん 

    0
  • 003
    えるびす!
    5か月前

    中国依存が過ぎるとこうなる。 NBAに限らず世界中の企業がこう。 中国という国はおそろしい

    1
  • 002
    ボンガボンガリティー
    5か月前

    爆笑

    0
  • 001
    PYLoo
    5か月前

    0

関連タグ

チーム

  • ロケッツ

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. 中国バスケ協会、ロケッツとの協力関係を凍結