トレイシー・マグレディがマジックの若手選手たちを指導

1997年から2013年までNBAで活躍した殿堂入り選手トレイシー・マグレディが、オーランド・マジックのトレーニング・キャンプで若手選手たちに特別指導をした。 運動能力溢れるマジックの若手選手たちを相手にしても、今もなお優れた得点能力を披露したマグレディは、練習後に「このチームには運動能力と高さを兼ね備えた選手が揃っている。身長が208cmから213cmぐらいあって、しかも運動能力のある選手がインサイドを固めているのだから、彼らはきっとリーグでもトップクラスのディフェンス・チームになるだろう」とコメントしている。 現在はESPNの解説者をしている40歳のマグレディは、マジックのスティーブ・クリフォードHC(ヘッドコーチ)から要請を受けてマジックの練習に参加した。マグレディは、2004年から2007年までヒューストン・ロケッツでプレイしたが、その時にロケッツのアシスタントコーチをしていたのがクリフォードHCだ。当時、マグレディは点取り屋として大活躍していた。 マグレディは2000年から2004年までマジックでプレイしており、その間に「1試合で62得点」という球団記録をマークしている。クリフォードHCから練習参加のリクエストを受けた時、マグレディは喜んで引き受けたそうだ。 マジック時代の2003年と2004年にリーグの得点王に輝いたマグレディは「クリフォードHCは、ロケッツ時代の俺のお気に入りコーチだったんだ。それにオーランドは俺の故郷だから、マジックとは特別な繋がりがある。彼らが俺を必要とする時、俺は絶対にここにやって来ようと思っていたから、クリフォードHCから話をもらった時は凄く嬉しかったよ」と語っている。 マグレディは、アーロン・ゴードン、モー・バンバ、ジョナサン・アイザックらマジックの有望な若手選手たちと一緒にワークアウトしたいと、前々から考えていたそうだ。 「俺は1997年にオーランドでマジックとマイアミ・ヒートのプレイオフ・ゲームを生観戦した。その時に、憧れの選手だったペニー・ハーダウェイが42得点(第3戦)と41得点(第4戦)を記録したんだ。そして、その後に彼は俺を自宅に招待してくれた。20年以上たった今でも、この話を人々に話している。なぜなら憧れの選手のプレイを目の前で見て、その選手の家で話をしたのが自分にとって貴重な経験だったからだ。リーグで長年プレイすることや、オールスターになる経験についてペニーから直接聞いて、俺はとてもインスパイアされた。俺は、この経験を次の世代にも伝えていきたいんだ」

コメント(2件)

  • 002
    MAGIC1
    11か月前

    T-Macは何かしらマジックに関わり続けてほしい!

    0
  • 001
    te-o
    11か月前

    マジックがんばれー✨

    0

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. トレイシー・マグレディがマジックの若手選手たちを指導