レブロン・ジェームズは来シーズンも背番号23番を着用

今オフに、ロサンゼルス・レイカーズがアンソニー・デイビスを獲得したことを受け、レブロン・ジェームズは自分の背番号23番をデイビスに譲渡し、自らの背番号をマイアミ・ヒート時代の6番に戻すことを発表していた。 しかし、Yahoo Sportsのクリス・ヘインズ記者によると、彼らの背番号交換は2020-21シーズンまで持ち越しになるようだ。 ジェームズたちの背番号交換について、ヘインズ記者は以下のようにリポートしている。 「背番号の変更についてレイカーズがリーグに問い合わせたところ、『背番号変更申請の期限である3月15日を過ぎているため、その申し出は受けられない』と回答されたそうだ。しかし、リーグは『ユニフォームの製造元であるナイキ社にチームが直接交渉すれば、変更が可能かもしれない』と付け加えたようだ。 だが、ジェームズの背番号23番のユニフォームは既に大量に製造されており、それらを全て“型落ち”として処分するのはナイキ社にとって大きな損害となるため、彼らはその申し出を了承しないはずだ」 ヒート時代、ジェームズは背番号6番を着用して4シーズン連続でNBAファイナルに進出し、2度の優勝を経験している。デイビスは、プロ入りから7シーズンの間プレーしたニューオリンズ・ペリカンズで背番号23番を着用していた。 先週、デイビスはレイカーズの背番号3番のユニフォームを着用した写真を自身のSNSに投稿している。

Comments (0)

    Related Tags

    Teams

    • レイカーズ

    Players

    • Anthony Davis
    • LeBron James

    Keywords

    • ニュース全般
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. レブロン・ジェームズは来シーズンも背番号23番を着用