ジャ・モラントが出場停止明け初戦から出場へ 指揮官が言及「フルでプレイできることを期待している」

メンフィス・グリズリーズのエースであるジャ・モラントは今季、昨季シーズン中にリーグに有害な行為を犯したとして、開幕から25試合の出場停止処分を受けている。日本時間12月20日(現地19日)のニューオーリンズ・ペリカンズ戦が今季26試合目で、出場停止が解けるなか、テイラー・ジェンキンスHC(ヘッドコーチ)は初戦から起用を考えているようだ。『Sports Illustrated』のファルボド・エスナアシャリ記者が、指揮官のコメントを紹介している。 2019年のドラフト全体2位指名でNBA入りしたモラントは、ルーキーイヤーから司令塔としてレギュラーを務めて新人王に輝くと、3年目の21-22シーズンには平均27.4得点、6.7アシストを記録してオールNBA2ndチームに選出。昨季も67試合に出場して平均26.2得点、8.1アシストを挙げた、インスタグラムのライブ配信で拳銃をちらつかせ、リーグに有害な行為を犯したとして、23-24シーズンの開幕から25試合の出場停止処分を科された。 モラントを欠いたグリズリーズは開幕6連敗スタートとなり、現在6勝15敗でウエスト13位に低迷。12月20日のペリカンズ戦が今季26試合目で、チームとしては一刻も早いエースの戦列復帰が待たれる。 ジェンキンスHCが記者会見で語った内容によれば、モラントは5対5の練習も実施しており、いきなりフル稼働も可能のようだ。 「彼(モラント)はこの期間、信じられない(くらいいい)プロセスを踏んできた。長いプロセスだったが、プレイに復帰するためのあらゆる段階、局面でチームメイトと練習する機会を得ている。直近何回かのセッションは5対5もやっている。今後2~3週間は練習、それ以外でも多くの機会が与えられるように調整している。彼は素晴らしい状態だし、(出場停止処分が明ける)今季26試合目のゲームには、彼がフルでプレイできることを期待している」 練習で7連続で3ポイントを沈めたことが取り上げられるなど、復帰が近づくモラントへの注目度は日に日に増している。

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (29)

    Related Tags

    Teams

    • グリズリーズ

    Players

    • ジャ モラント

    Keywords

    • ニュース全般
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. ジャ・モラントが出場停止明け初戦から出場へ 指揮官が言及「フルでプレイできることを期待している」