76ersのジョエル・エンビードが今季最多の50点 「今夜はアグレッシブにならなければいけないと思った」

日本時間12月7日(現地6日)、フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)のジョエル・エンビードが、ワシントン・ウィザーズ戦で今季最多の50点を記録した。試合は131-126でシクサーズが勝利している。エンビードの50点超えはキャリア6度目で、キャリアハイは2022年11月に記録した59点。 3試合ぶりの復帰戦となったエンビードは、38分プレイしてフィールドゴールを19本、3ポイントを1本、フリースローを11本沈めた。加えて13リバウンド、7アシストをマークするなど、オールラウンドに活躍した。 試合後エンビードは、「チームがプレイメーカーであることを必要としている時もあれば、得点を必要としている時もある。今夜はアグレッシブにならなければならないと思った」と振り返った。 26点、7アシストを挙げたタイリース・マクシーは「60点取るべきだったね」とジョークを飛ばし、ディアンソニー・メルトンも「素晴らしい50点だった。彼は楽々とシュートして得点を積み重ねた」と、チームメイトらもエンビードの大爆発を称賛した。 試合中盤、エンビードのテクニカルがチームに火をつけた。95-89とシクサーズが6点リードしていた第3クォーター残り2分36秒、トラベリングのコールを受けてボールを叩きつけたエンビードはテクニカルファウルを宣告された。するとこの一件がチームを奮い立たせ、その後第3クォーターを10-0のランで締めくくったのだ。 またこの試合では、自動車事故に巻き込まれて欠場が続いていたシクサーズのケリー・ウーブレイJr.が復帰。19分の出場で12点を挙げるなど、元気な姿を見せている。

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (1)

    Related Tags

    Teams

    • 76ers

    Players

    • Joel Embiid

    Keywords

    • ニュース全般
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. 76ersのジョエル・エンビードが今季最多の50点 「今夜はアグレッシブにならなければいけないと思った」