3ポイントが好調なディアロン・フォックス、キングスACがステフィン・カリーとのワークアウトについて明かす

サクラメント・キングスのディアロン・フォックスは、3ポイント成功率が昨季の32.4%から今季は37.2%と向上している。この精度アップの陰には、自身が契約するカリーブランドのプレジデントでもあるゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーと昨オフに行なったワークアウトが影響しているようだ。その時のエピソードを、フォックスとほぼ毎日ワークアウトを共にしていたキングスのルーク・ルークスAC(アシスタントコーチ)が明かした。『NBC Sports』が報じている。 カリーとワークアウトを行なえることを喜んでいたというフォックスだったが、初日のトレーニングが終わる頃、前腕が痙攣していたという。ルークスACは「トレーニング量だけじゃなくてすべてが激しかったため、フォックスの前腕は痙攣していた。ワークアウト後、『カリーにとってこれは特別な事じゃない。これが毎日のトレーニング方法なんだ』と彼と思っていたよ」と、カリーのトレーニングの強度がいかに高いかを明かした。 ルークスACは、このワークアウトを経験したことでフォックスの意識も変わったと考えているようだ。 「このワークアウトを自分の目で見て、体感したら、今後の取り組みは『ああ、これが必要なのか。よし、やるぞ』って自動的になると思う。フォックスがチームと彼自身をそのレベルに変えるためには必要なことだ。そして彼は今、それをトップレベルでやっていると思う」 「この夏、ステフと一緒にワークアウトする機会が多かったのは幸運だった」と語るルークスACは、他の選手がどのようにプレイしているかを選手に伝えるのは簡単なことだが、選手がどう感じるかが大切と説く。その点フォックスは十二分に刺激を得て、参考にしているのは今季のスタッツが物語っているだろう。 そのトレーニング内容も気になるところだが、将来フォックスのキャリアを振り返った時、このワークアウトがさらなる飛躍の契機だったと言われているかもしれない。

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (19)

    Related Tags

    Teams

    • ウォリアーズ
    • キングス

    Players

    • Stephen Curry
    • De'Aaron Fox

    Keywords

    • ニュース全般

    Popular

    Featured

    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. 3ポイントが好調なディアロン・フォックス、キングスACがステフィン・カリーとのワークアウトについて明かす