左ふくらはぎの負傷で欠場中のクリスタプス・ポルジンギス、約1週間後に再評価を受ける予定とセルティックス指揮官が明かす

日本時間11月25日(現地24日)のオーランド・マジック戦途中で、左ふくらはぎの張りのため途中離脱したボストン・セルティックスのクリスタプス・ポルジンギスについて、ジョー・マズーラHC(ヘッドコーチ)が約1週間後に再評価を受けること、復帰の具体的なスケジュールはまだ決まっていないことを明かした。 マジック戦後、ポルジンギスはMRI検査を受ける意向を明かしており、その後自身のInstagramには「いい知らせ」として「すぐに戻ってくる」と投稿。重傷ではないことをほのめかしている。 ポルジンギスは欠場するまで15試合に出場し、平均30.3分プレイして18.9点、6.7リバウンド、1.9アシスト、1.7ブロック、FG成功率54.7%を記録している。ポルジンギス欠場の間は、アル・ホーフォードやルーク・コーネットの出場機会が増える見込みだ。

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (15)

    Related Tags

    Teams

    • セルティックス

    Players

    • Al Horford
    • Kristaps Porzingis
    • Luke Kornet

    Keywords

    • 怪我
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. 左ふくらはぎの負傷で欠場中のクリスタプス・ポルジンギス、約1週間後に再評価を受ける予定とセルティックス指揮官が明かす