FIBAワールドカップを欠場するクリスタプス・ポルジンギス、トレーニングキャンプには間に合うとセルティックスがコメント

足底筋膜炎のためFIBAワールドカップへの出場を辞退したクリスタプス・ポルジンギス(ラトビア代表/ボストン・セルティックス)について、セルティックスは10月のトレーニングキャンプには復帰できる見込みだと発表した。 セルティックスは、「クリスタプス・ポルジンギスは右足の足底筋膜炎と診断された。4〜6週間にわたってリハビリプログラムを実施し、トレーニングキャンプ開始までには復帰の許可が得られる予定」としている。 ポルジンギスはワシントン・ウィザーズに在籍していた昨季、65試合に出場してキャリアハイの平均23.2点、8.4リバウンド、2.7アシストを記録していた。 トレーニングキャンプに間に合うとなればセルティックスとしては朗報だが、FIBAランキング29位のラトビアにとってワールドカップは厳しい戦いとなりそうだ。1次ラウンドでは同5位のフランス、15位のカナダ、43位のレバノンと戦う。グループ2位以内に入り、2次ラウンドへ勝ち進めるか。

▶▶楽天モバイルご契約者様限定「NBA BASIC PASS for 楽天モバイル」が無料!

▶▶オリジナルデザインシューズ「ALL STAR Ⓡ NBA Rakuten HI」発売中!

▶▶世界最高峰のバスケを観よう! NBA Rakutenの視聴プランをチェック

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (2)

    Related Tags

    Teams

    • セルティックス

    Players

    • Kristaps Porzingis

    Keywords

    • 怪我
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. FIBAワールドカップを欠場するクリスタプス・ポルジンギス、トレーニングキャンプには間に合うとセルティックスがコメント