NBA理事会がフロッピングの罰則とコーチチャレンジのルール変更に合意

日本時間7月12日(現地11日)、NBA理事会は試合中のフロッピングに関する罰則とコーチチャレンジの利用拡大について承認した。これらは2023-24シーズンから適用される。 ■インゲーム・フロッピング・ペナルティ オフィシャルがフロップ、または選手がファウルを取らせようと意図的に行った動きをコールした時、選手はノン・アンスポーツマンライク・テクニカルファウルがコールされる。相手チームにはフリースロー1本が与えられる。なお、フロッピングによって選手が試合から退場させられることはない。またレフェリーは、フロッピングをジャッジするにあたって試合を中断する必要はなく、ライブプレイが止まったタイミング(アウトオブバウンズ、タイムアウト時など)で判断できる。 ■コーチチャレンジの拡大 1度目のコーチチャレンジに成功したチームは、2度目の申請が可能になった。その際、タイムアウトを使用する必要があるが、1度目のコーチチャレンジに限り、チャレンジが成功したらタイムアウトは消費されない。

▶▶楽天モバイルご契約者様限定「NBA BASIC PASS for 楽天モバイル」が無料!

▶▶オリジナルデザインシューズ「ALL STAR Ⓡ NBA Rakuten HI」発売中!

▶▶世界最高峰のバスケを観よう! NBA Rakutenの視聴プランをチェック

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (26)

    Related Tags

    Keywords

    • ニュース全般
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. NBA理事会がフロッピングの罰則とコーチチャレンジのルール変更に合意