76ersのジェームズ・ハーデンがオプションを行使して残留 トレードを模索へ

フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)のジェームズ・ハーデンが、プレイヤーオプションとなる来季の3560万ドルの契約を受け取る選択をしたようだ。その上でシクサーズからのトレードを望んでいるとされ、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、ロサンゼルス・クリッパーズ、ニューヨーク・ニックスがハーデンの獲得に興味があるという。 33歳のハーデンが契約を破棄してFA市場に打って出た場合、シクサーズは4年2億1300万ドルの契約を提示することができるが、ダリル・モーリー球団社長とハーデンは移籍について話を進めていると伝えられている。 関係者によると、ハーデンはサラリーキャップに6400万ドルの空きがあるヒューストン・ロケッツへの出戻りに興味を示していたが、ロケッツはトロント・ラプターズのフレッド・バンブリート獲得に動いているという。 昨年夏にハーデンは2年6800万ドルの延長契約をシクサーズと結んでいた。その際、MAX契約から1500万ドルを減額していたことで、シクサーズはPJ・タッカーとダニュエル・ハウスJr.を補強する余裕ができた。ハーデン自身も平均21点、リーグトップの10.7アシストを記録。しかしチームは、カンファレンス準決勝でボストン・セルティックスに最終戦で敗れている。

▶▶楽天モバイルご契約者様限定「NBA BASIC PASS for 楽天モバイル」が無料!

▶▶オリジナルデザインシューズ「ALL STAR Ⓡ NBA Rakuten HI」発売中!

▶▶世界最高峰のバスケを観よう! NBA Rakutenの視聴プランをチェック

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (15)

    Related Tags

    Teams

    • 76ers

    Players

    • James Harden

    Keywords

    • ニュース全般
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. 76ersのジェームズ・ハーデンがオプションを行使して残留 トレードを模索へ