マブズのキューバン・オーナーがシーズン終了後に無制限FAのアービングを慰留へ「絶対に残ってもらいたい」

ダラス・マーベリックスのカイリー・アービングは、シーズン途中に加入したなかで、今季限りで無制限FA(フリーエージェント)となる。マーク・キューバン・オーナーは「絶対に残ってもらいたい」とラブコールを送っている。 マブズは今年2月にブルックリン・ネッツとの電撃トレードでアービングを獲得し、若きエースであるルカ・ドンチッチとの強力デュオが完成。リーグタイトル獲得に意欲を見せていたが、直近9試合で7敗と苦しみ、プレイイン・トーナメント出場圏外のウェスト11位に低迷しており、残り2試合にすべてを懸ける状況だ。 プレイオフ出場権の行方もさることながら、マブズ移籍後に平均27.0得点、5.0リバウンド、6.0アシスト、フィールドゴール成功率51.0%、3ポイント成功率39.3%を記録しているアービングはシーズン終了後に無制限FAとなるため、その去就も注目を集める。 マブズは5年最大2億7200万ドル(約359億円)の契約延長オファーを提示することが可能だが、『NBA.com』のショーン・パウエル記者は「アービングは来年32歳となり、ディフェンス力も落ちている。何より、マーベリックスにはすでにドンチッチというクリエイティブなポイントガードがいる。資金はほかのポジションにかけるべきではないか?」と指摘。その一方で、キューバン・オーナーはアービングを慰留する構えを見せている。 「絶対に残ってもらいたい。彼はここ(マブズ)でハッピーだと思うし、実際にそう言ってくれている。ナイスガイだ。記事で目に知る(批判めいた)全てのことは100%間違っている」 もしポストシーズンを逃すことになれば、アービングの去就にも影響を及ぼすかもしれない。

▶▶レイカーズの八村塁やネッツの渡邊雄太らの活躍が観られるNBA Rakutenの視聴プランをチェック!

▶▶楽天モバイルご契約者様限定「NBA basic pass for 楽天モバイル」が無料!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (60)

    Related Tags

    Teams

    • マーベリックス

    Players

    • Kyrie Irving

    Keywords

    • ニュース全般

    Popular

    Featured

    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. マブズのキューバン・オーナーがシーズン終了後に無制限FAのアービングを慰留へ「絶対に残ってもらいたい」