八村塁がNBA Japan Games 2022を振り返る「日本でプレイできたことは特別な思い出」【NBA Japan Games 2022】

10月2日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催された「NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten &NISSAN」GAME 2終了後に実施された記者会見で、ワシントン・ウィザーズの八村塁が登場。同イベントを改めて振り返り、以下のようにコメントを残した。 ――この週末で一番のハイライトは? 八村:もちろん、日本のファンの前でプレイできたことです。僕とチームメイトにとって最高の経験になりました。 ――第1戦後のディナーはどこに行きましたか? 八村:すき焼きです。 ――クリスタプス・ポルジンギス選手はしゃぶしゃぶと言っていました。 八村:おそらく、すき焼きのことをしゃぶしゃぶと勘違いしているだけだと思います。ちゃんと教えておきます(笑)。 ――ディナーはどういった雰囲気でしたか? 八村:試合が終わったあとだったのですが良い雰囲気でした。コース料理で長い時間話をして、チームとの交流を深められました。 ――日本で開催されるFIBAバスケットボールワールドカップ2023への思いを教えてください。 八村:今シーズンに集中しているので終了後に考えたいと思います。 ――今シーズンでNBA4年目ですが、リーダーとしての自覚は芽生えてきましたか? 八村:そうですね。4年目はベテランの部類に入ってくるので、プレイだけでなくコート外でもお手本になっていければと思っています。 ――この2戦でリバウンドに対する手応えは掴みましたか?(2試合で平均9.5リバウンドを記録) 八村:積極的にリバウンドを取りに行くことを意識していたので良かったです。 ――長距離の移動には慣れていると思いますが、時差ぼけの対応についてチームメイトにどうアドバイスしますか? 八村:難しいことではありますが、寝たい時に寝て、起きている時はアクティブに動いた方がいいです。 ――日本の文化をチームメイトに紹介できたことについて 八村:この5日間は試合のみならず、コート外でチームメイトと日本の文化について触れ合えた最高の思い出になった。また、近いうちに日本で再びNBAが開催されることを願っています。 ――ヘッドコーチやチームメイトからは「自信がついてきた」と言われていますが、どうですか? 八村:慣れてきたことが大きいと思います。4年目になってどういう感じになるか分かってきたので、集中できる環境になってきたことが大きいです。 ――日本の観客の声援はどうでしたか? 八村:2試合とも負けてしまいましたが、日本でプレイできたことは特別な思い出になりました。オリンピックでは無観客だったのでこうやってファンがいる前でプレイできて良かったです。 ――歓声は力になりましたか? 八村:もちろんなりました。ですけど、ステフ(カリー)の方が声援が大きかったので、そこがちょっと、どうかなと思いました(笑)。 ――今季に向けて磨いていることは? 八村:リバウンドを取った後の、速攻とかボールをプッシュするところを今年はもっとやっていきたいです。ミッドレンジ、3ポイントシュートも含めて、オフェンス部門で何でもできるような選手になっていきたいですね。

【お知らせ】『NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten & NISSAN』3つのメディアで無料配信!

▶▶見どころ満載!「NBA Rakuten」オフシーズン配信予定コンテンツ一覧

Comments (9)

    Related Tags

    Teams

    • ウィザーズ

    Players

    • 八村 塁

    Keywords

    • ニュース全般
    • Japan Games特集
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. 八村塁がNBA Japan Games 2022を振り返る「日本でプレイできたことは特別な思い出」【NBA Japan Games 2022】