マーベリックスがホームでサンズに快勝 シリーズ最終戦に持ち込む

日本時間5月13日(現地12日)に行なわれたフェニックス・サンズとダラス・マーベリックスのカンファレンス準決勝第6戦は、113-86でマーベリックスが勝利した。シリーズ第1、2戦で連敗する苦しいスタートとなったマーベリックスだったが、勝敗を3勝3敗のイーブンに戻し最終第7戦に持ち込んで見せた。 ドンチッチは第2クォーター途中で左足を痛めるハプニングに見舞われるも、33点、11リバウンド、8アシスト、4スティールと獅子奮迅の活躍。そのほか、レジー・ブロックがチーム2位の19点、7リバウンド、ジェイレン・ブランソンが18点、控えのスペンサー・ディンウィディーが3ポイントを5本沈めて15点をマークした。 敗れたサンズはディアンドレ・エイトンがチームハイの21点、11リバウンド、デビン・ブッカーが19点、クリス・ポールが13点を記録。しかし、チーム全体でFG成功率39.7%と精彩を欠いた。チームの合計得点(86)は、レギュラーシーズンとプレイオフを含めて今季チームワーストである。 カンファレンス決勝進出チームが決まる第7戦は、16日(同15日)にサンズの本拠地フットプリント・センターで行なわれる。ここまでいずれもホームチームが勝利しているが、最終戦でもそのジンクスが継続するのか。

▶▶ハイライト:サンズ vs マーベリックス【無料】

▶▶プレイオフを全試合LIVEで観られるLEAGUE PASS(シーズン)が9900円に。プランをチェック!

コメント(29件)

    関連タグ

    チーム

    • マーベリックス
    • サンズ

    選手

    • Luka Doncic

    キーワード

    • ニュース全般

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. マーベリックスがホームでサンズに快勝 シリーズ最終戦に持ち込む