スコッティ・ピッペンがレブロン擁するレイカーズに太鼓判「信用しないといけない」

ロサンゼルス・レイカーズは、ウェスタン・カンファレンス首位(49勝14敗)で7月30日(日本時間31日)のシーズン再開を迎える。今年1月に急逝したコビー・ブライアントが在籍していた2009-10シーズン以来のリーグ優勝を目指すが、現役時代にマイケル・ジョーダンの名相棒として2度の3連覇を経験したスコッティ・ピッペンもチャンピオン最有力に推している。 殿堂入り選手のトレイシー・マグレディとともに『ESPN』の番組『The Jump』に出演したピッペンは、司会のレイチェル・ニコルズ氏からフロリダ州オーランドでのシーズン再開に伴い、“最も勝利を信じているチーム”を尋ねられ、レイカーズと回答した。

■お得にNBAが観られるキャンペーン実施中!

「レイカーズを信用しないといけない。シーズン序盤、私は勢いのあるクリッパーズにフォーカスしていた。しかし、いくつかの問題が浮上してきたので、レブロン・ジェームズのリーダーシップ、同僚をマネジメントする能力がバブル内で勝つための要素になると思う」 レイカーズは今季、レブロンがポイントガードに回り、新加入のアンソニー・デイビスを中心に攻撃を組み立ててきた。二枚看板はデイビスが平均26.7得点、9.4リバウンド、3.1アシスト、1.5スティール、2.4ブロック、レブロンも平均25.7得点、7.9リバウンド、10.6アシストと絶妙なコンビネーションを披露。チームもリーグ中断まで、ミルウォーキー・バックスに次ぐ勝率(77.8%)を残している。 カワイ・レナードとポール・ジョージを擁するロサンゼルス・クリッパーズは序盤戦からしのぎを削ってきたライバルだが、ピッペンはレブロンの存在が明暗を分けると見ている。 「レブロンはリーグで最も支配的な選手だ。ケビン・デュラントがいない今はなおさらね。彼のリーダーシップと運動能力は、チームをチャンピオンに導くXファクター(決め手)になる。レイカーズにはアンソニー・デイビスという存在もいる」 レイカーズはレブロンとデイビスを中心に、レジェンドのコビーに捧げる優勝を勝ち獲ることができるだろうか。

コメント(4件)

    関連タグ

    チーム

    • レイカーズ

    キーワード

    • ニュース全般
    • スコッティ・ピッペン
    • レブロン・ジェームズ
    • アンソニー・デイビス

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. スコッティ・ピッペンがレブロン擁するレイカーズに太鼓判「信用しないといけない」