ブルース・リーから学んだストレッチの重要性 NBAレジェンドのジャバーが映画スターとの共演を回顧

NBAレジェンドのカリーム・アブドゥル・ジャバーとマーシャルアーツの達人であり映画スターだったブルース・リーは、映画『死亡遊戯』で共演した際、非常に良い関係を築いたそうだ。 『ESPN』のドキュメンタリー番組『30 for 30』でリーの特集が放送されることを受け、『Sports Center』にリモート出演したジャバーが共演当時の思い出を振り返った。 ミルウォーキー・バックスとロサンゼルス・レイカーズで6度の優勝(1971年、1980年、1982年、1985年、1987年、1988年)を経験したジャバーは、現役時代にリーから“体のメンテナンス”の重要性について学んだと語っている。 「ブルースは、ストレッチの効果をいつも強調していた。だから一緒にワークアウトする時、私たちはずっとストレッチをしていた。ストレッチだけでワークアウトが終わるんだ。それから私はヨガを学ぶようになった。オフシーズンにストレッチやヨガをすることが、怪我の予防や体のメンテナンスにつながったね」 20シーズンのNBAキャリアで、ジャバーのレギュラーシーズンの出場試合数が74試合未満だったのは2回(1974-75シーズン:65試合、1977-78シーズン:62試合)しかない。 高い打点から放つスカイフックを武器にして得点を量産し、通算得点記録でNBA歴代1位(3万8387得点)。リーから教わったストレッチの効果か、ジャバーは当時38歳だった1985-86シーズンに1試合平均23.4得点を記録している。

Comments (1)

    Related Tags

    Keywords

    • ニュース全般
    • カリーム・アブドゥル・ジャバー

    Popular

    Featured

    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. ブルース・リーから学んだストレッチの重要性 NBAレジェンドのジャバーが映画スターとの共演を回顧