ケンバ・ウォーカー、苦悩の弱小ボブキャッツ時代に受け取った神様ジョーダンの“金言”

今季4年連続でオールスター出場を果たしたボストン・セルティックスのケンバ・ウォーカーは、リーグを代表するポイントガードの1人だ。しかし、キャリア初期のシャーロット・ボブキャッツ(現ホーネッツ)時代は勝利が伴わず、涙を流したこともあったという。苦悩の日々のなか、筆頭オーナーを務める“神様”マイケル・ジョーダンからかけられた言葉が彼をスターダムに押し上げるきっかけになった。『Boston Globe』は「UConnのヒーロー。マイケル・ジョーダンの弟子。ボストンの希望」と題して、ウォーカーを取り上げている。 ニューヨークのブロンクス区で生まれ育ったウォーカーは幼少期、父親とブルズ時代のジョーダンのビデオ映像を見て育った。「UConn」の愛称で知られるコネティカット大から2011年のドラフト1巡目9位でボブキャッツから指名を受けることになるが、当時、選手育成部門ディレクターを務めていたクリス・ホイットニー氏は、ドラフトに向けた戦略会議でジョーダンが「彼を私のポイントガードにしてくれ」と獲得を嘆願したことを明かす。 希望を持ってNBAの世界に飛び込んだウォーカーだったが、現実は厳しかった。1年目の2011-12シーズンは全66試合(ロックアウトによる短縮シーズン)に出場して平均12.1得点、3.5リバウンド、4.4アシストを記録するもチームは7勝59敗で断トツ最下位。いとこのケドゥによれば、ウォーカーは「俺たちはまた負けた」と落ち込み、食事に行ったレストランの駐車場で一人涙していたという。本人も当時のことを鮮明に覚えているようだ。 「家に帰りながら1人泣いた夜を覚えている。俺は負けるのが嫌だった。(当時は)試合が始まる前から負けていたようにさえ感じる。毎回、早々に20点差をつけられていた」 翌2012-13シーズンもボブキャッツは、21勝61敗でリーグ29位に低迷。当時22歳のウォーカーは全82試合に先発出場して平均17.7得点、3.5リバウンド、5.7アシストを挙げたが、チームでベストプレイヤーの1人でありながら、どこかベテランたちに遠慮していた。そしてある日、ジョーダンに呼び出され、このように“喝”を入れられたという。 「君は君らしくある必要がある。君は勝者であり、得点ができるから、私は君をドラフトした」 ウォーカーは、「それは俺が聞く必要があった言葉だった」とジョーダンとの会話を振り返る。 翌2013-14シーズンに勝率5割を超えでプレイオフ進出に導いたウォーカーは、決して得意ではなかった3ポイントシュートを磨き、平均20得点、5アシスト以上を誇るリーグ屈指のポイントガードに成長。その実力が認められ、オールスターにも選出されるようになった。 昨季終了後、8年間を過ごしたチームを離れてセルティックスに移籍する苦渋の決断を下したが、すべてはジョーダンから叩き込まれた“勝者のメンタティー”に基づいている。 「評価を受ける選手は、勝つ選手だ。俺はそういう存在であることを望む。そのためにボストンに来た」 新型コロナウイルスの影響で、カンファレンス3位につける今季の行方は不透明だが、ウォーカーはセルティックスでの成功を夢見てやまない。

コメント(7件)

  • 007
    Nick Name
    1か月前

    ケンバの笑顔は昔の涙があったからなのか🤔✨

    0
  • 006
    うめぼし
    1か月前

    ケンバ〜

    0
  • 005
    toshi
    1か月前

    ジョーダンはやっぱり神様だなあ~!

    1
  • 004
    京都のじじぃ
    1か月前

    MJの名前を出してはいけない! 現役でやってる間は胸に納めとかなあかんわ。

    0
  • 003
    easy
    1か月前

    そんなこと言ったらKGはどうなる。勝者になるための移籍がダメという風潮はナンセンス。チームの財政状況やフロントの考え方も違うし、勝者になりたいからと言って自分の欲しい選手をバカスカ獲得できるわけではない。

    3
  • 002
    アンターク
    1か月前

    勝者になるためにホーネッツじゃなくセルティックスに移籍なのは皮肉だなぁ

    1

関連タグ

チーム

  • セルティックス

選手

  • Kemba Walker

キーワード

  • ニュース全般
  • マイケル・ジョーダン

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. ケンバ・ウォーカー、苦悩の弱小ボブキャッツ時代に受け取った神様ジョーダンの“金言”