デリック・ローズ、番記者がシカゴ帰還を提言「グッドアイデアな3つの理由」とは?

デトロイト・ピストンズのデリック・ローズは近年、各チームを渡り歩くジャーニーマン化しているが、両膝に大怪我を負う前はシカゴ・ブルズのフランチャイズプレイヤーだった。『PIPPEN AIN’T EASY』のアンドリュー・ミラー記者は「シカゴ・ブルズ:デリック・ローズ帰還がグッドアイデアな3つの理由」と題し、元MVPの再獲得を呼び掛ける記事を展開している。 2008年のドラフト1巡目1位指名でNBA入りしたローズ。新人王を獲得し、3年目の2010-11シーズンには平均25.0得点、4.1リバウンド、7.7アシストの好成績で史上最年少の22歳6カ月でシーズンMVPに輝き、順風満帆なキャリアを歩むかと思われた。 しかし、翌シーズンに左膝前十字靭帯を断裂すると、2013-14シーズンには右膝半月板断裂。2015年、17年にも半月板を断裂するなど故障に泣かされ、ブルズ退団後はニューヨーク・ニックス、クリーブランド・キャバリアーズ、ミネソタ・ティンバーウルブズと各チームを渡り歩いてきた。 ピストンズに加入した今季は休息を挟みつつ、ここまで45試合に出場して平均18.2得点、5.8アシストを記録。かつてのアクロバティックなプレイスタイルとは異なるものの、復活を印象づけている。故郷シカゴで開催されたオールスターのスキルズチャレンジに出場予定だったが、負傷のため辞退。凱旋はお預けとなったが、ミラー記者はブルズがローズを再獲得するべきだと考える要素を3つ挙げている。 1. 過去2年の復調 2. コビー・ホワイトの教育係 3. ベンチの得点力強化 ローズは昨季ウルブズでも平均18.0得点を挙げており、この2年は一定のレベルをキープ。Player Efficiency Rating(効率指標)も「20」を超え、スターター、ベンチスタートにかかわらず、攻撃を活性化している。セカンドユニットの得点力をアップさせ、新人PGコビー・ホワイトを育てる観点からも、「今のローズに手を差し伸べるのはいいことだ」と主張している。 「ピストンズと契約後、ロールプレイヤーとして輝きを取り戻し、オールスター選出を巡る議論も交わされたくらいだった。ピストンズとの契約が切れる2020-21シーズン後、ブルズに戻ることを考えているかという問いに『シーズンが終わった後はどんなことにもオープンだ』と答えている」 次にフリーエージェントとなる時には32歳を迎えているローズだが、果たしてブルズ復帰のシナリオは実現するのだろうか。

コメント(14件)

  • 014
    デリックローズ最強!
    6か月前

    クリスダントレードとか言ってる人は彼のスティール能力見てくれ。

    0
  • 013
    リョービー ブライアント
    7か月前

    ローズは、シカゴにこそ似合う男

    1
  • 012
    QD
    7か月前

    今年は絶対オールスター選ばれると思ってた、、、 ミドルトンよりもローズがみたかった、、

    1
  • 011
    7か月前

    ローズのブルズ復帰も見たいけど怪我から完全復活したグリフィンとのドラ1コンビも見てみたい......

    1
  • 010
    魔王
    7か月前

    シカゴで見たいよ ローズは

    3
  • 009
    ゲアキ
    7か月前

    誰もが待ち望んでるのに。

    2

関連タグ

チーム

  • ブルズ
  • ピストンズ

選手

  • Derrick Rose

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. デリック・ローズ、番記者がシカゴ帰還を提言「グッドアイデアな3つの理由」とは?