オーランド警察が捜査!? ダンクコンテスト決勝、アーロン・ゴードンの採点が波紋拡大

2月15日(日本時間16日)に行われたオールスター・サタデーナイトのダンクコンテストは、マイアミ・ヒートのデリック・ジョーンズJr.が初優勝を飾った。アーロン・ゴードン(オーランド・マジック)とのファイナルラウンドはサドンデスにもつれ込む熱戦となったが、勝負を懸けた4本目の採点が波紋拡大。ゴードンが所属するマジックの地元オーランド警察も公式ツイッターにジョークの利いた投稿を行い、判定に疑問を呈している。 今年は2008年王者のドワイト・ハワード(ロサンゼルス・レイカーズ)、パット・カナトン(ミルウォーキー・バックス)、ゴードン、ジョーンズJr.の4人が出場。ハワードがファーストラウンド2本目で伝説のスーパーマンに変身して会場を沸かせれば、カナトンが昨季MVPの同僚ヤニス・アデトクンボ越しにダンクを叩き込むなど、豪快な一撃の応酬になったなか、ゴードンが100点、ジョーンズJr.が96点でファイナルラウンドに駒を進めた。 ファイナルラウンドは両者ともに圧巻のレッグスルーダンクを連発。従来の2本で決着がつかず、勝負は4本目までもつれ込んだ。ジョーンズJr.の勝負のレーンアップは48点と採点され、ゴードン優勢かと思われたなか、身長226cmのタコ・フォール(ボストン・セルティックス)を飛び越えて決めた両手ダンクはまさかの47点。ジョーンズJr.が初優勝を飾る形となったが、ゴードンへの採点に納得のいかない会場のファンからは大きなブーイングが起こった。 2月16日(日本時間16日夜)、オーランド警察は公式ツイッターに「我々は本日、オーランド・マジックのフォワード、アーロン・ゴードンが昨夜のダンクコンテストで優勝を奪われた件に関して調査するために、シカゴ警察に接触する予定だ」と投稿。地元マジックを代表してコンテストに出場したゴードンを擁護する姿勢を示した。 ヒートOBのドゥエイン・ウェイドが“後輩”に当たるジョーンズJr.に「10点」を与えたのに対し、ゴードンには「9点」をつけたことが議論の的となっていたため、「ドゥエイン・ウェイドが一番の犯人だ」「Dウェイドを捕まえてくれ」といった声が多数浮上。他にも「どちらが凄いのか、映像を見れば真実が分かるはず」「ゴードンはファンの中の勝者だ」「粋なツイートだ」とファンが反応を示していた。 2位に終わった後の会見でゴードンは、ダンクコンテストからの引退を示唆するコメントを残しており、今回の採点はまだ反響が拡大しそうだ。

■初月無料でNBAを観る

■オーランド警察のツイートはこちら

コメント(30件)

  • 030
    しん
    3か月前

    誰も得してない。ゴードンはもちろん審査員もジョーンズJrも。 採点方法や形式を変えないと選手は出たがらなくなるし審査員もしたくないし。 今の方式はこれで完全に破綻。次も同じ形式でやったら主催が叩かれるハメに。とにかく変えないと。 2016年も20年も記憶に残ってて何度も再生するのはゴードンのダンク。素晴らしいダンクの数々ありがとう!

    3
  • 029
    [設定されていません]
    3か月前

    このコメントは削除されました

  • 028
    ねこパパ
    3か月前

    談合であり審査が不正に行われたに等しい。審査員が個人の見解で評価しないと出場選手がいなくなるし、その後のNBA人生に影響する。

    2
  • 027
    さくにゃん
    3か月前

    これを機に採点じゃなくて投票にすればきっとこのような事は起きないと思う!

    4
  • 026
    まさと
    3か月前

    そもそも満点以外の点数を一度しか出して無いゴードンと2度出したDJJでは総得点でもゴードンが勝ってるし、残したインパクトと会場の雰囲気でもゴードンが勝ってる。形式に問題がありすぎる。審査員のコモン&パーカーが忖度して48点同点にするつもりが約束を破った人がいて47点になったって証言しててウェイドが批判の矛先になってる。そもそも忖度して同点にする話し合いがあるコンテストってなんなのよ。

    8
  • 025
    こぺ
    3か月前

    ゴードンは優勝できない最強ダンカー ってことで 歴史に刻まれましたね🤣 優勝する名誉より、人々の心を揺さぶる記憶に残る方がいいよ! 名誉が欲しくてバスケしてんじゃねぇだろ!!

    5

関連タグ

選手

  • Aaron Gordon

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAオールスター

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. オーランド警察が捜査!? ダンクコンテスト決勝、アーロン・ゴードンの採点が波紋拡大