“いぶし銀センター”マーチン・ゴータットが現役引退「燃え尽き症候群」の症状を告白

2月16日(日本時間17日)、NBAで12年間プレイしたポーランド出身センターのマーチン・ゴータットが現役引退を発表した。 2005年のドラフト2巡目57位でフェニックス・サンズに指名されたゴータットは2007年までドイツでプレイし、2007-08シーズンにオーランド・マジックでNBAデビュー。ドワイト・ハワード(現ロサンゼルス・レイカーズ)の控えとしていぶし銀の活躍を見せ、2009年にはNBAファイナルにも出場した。 2010年12月にビンス・カーター(現アトランタ・ホークス)らとともにサンズへトレードされたことを機に先発センターに定着。名司令塔スティーブ・ナッシュとのピック&ロールを武器に、2011-12シーズンには自己最高の平均15.4得点、10.0リバウンドと飛躍を遂げた。2013-14シーズンからはワシントン・ウィザーズでジョン・ウォールとコンビを組んだが、確執が報じられるなど関係悪化が取り沙汰され、2018年夏にロサンゼルス・クリッパーズにトレードされたのち、19年2月に解雇。この1年間は無所属の状態が続いていた。 2018年1月に「来年が俺の最後の年になるかもしれない」と語り、古巣マジックでキャリアを終えたい意向を公表していたゴータットだが、母国ポーランドのニュースチャンネル『TVP Info』で「自分のキャリアを終わらせる時が来た」と現役引退を表明した。この1年間にNBAチームからオファーがあり、今季開幕前にはレイカーズと契約に近づいているとも伝えられていたが、満足のいく契約内容ではなく、最終的に引退する決断に至った。 『TVP Info』によれば、プロ17年を過ごしたゴータットは、バスケットボールに関して「慢性疲労症候群」、一種の「燃え尽き症候群」の症状があったという。引退に際して応援してくれるファンに感謝を述べるとともに、今後は主に慈善活動に取り組んでいくと明かしている。 ゴータットはNBAキャリア12シーズンで通算806試合に出場し、平均9.9得点、7.9リバウンド、1.1アシスト、1.10ブロックを記録。通算9500万ドル(約104億円)を稼いだ。

■初月無料でNBAを観る

コメント(6件)

  • 006
    ボストン・テリア
    3か月前

    Celtsで獲れないだろうか…

    1
  • 005
    M20
    3か月前

    おつかれゴータット!

    2
  • 004
    warriors
    3か月前

    ウォリアーズ移籍も結局なかったな。お疲れ様ゴータット。

    3
  • 003
    うめぼし
    3か月前

    おつかれさまでした

    2
  • 002
    t@
    3か月前

    ウィザーズに残ってたら日本でもベルタンみたいに認知されてただろうなー

    4
  • 001
    mickey
    3か月前

    いやー、まだやれたはずの名プレイヤー。 おつかれさまでした。よい引退後の生活を‼️

    5

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. “いぶし銀センター”マーチン・ゴータットが現役引退「燃え尽き症候群」の症状を告白