新人ザイオン・ウィリアムソンの規格外プレイに同僚も感嘆「神から与えられたもの」

ニューオーリンズ・ペリカンズの大型新人ザイオン・ウィリアムソンは、現地1月22日のサンアントニオ・スパーズ戦で待望のデビューを飾って以降、ドラフト1巡目1位指名の期待に違わぬプレイを見せている。そんな19歳の逸材に、チームメイトも舌を巻いている。 デューク大から鳴り物入りでNBA選手となったザイオンは、開幕前に右膝半月板損傷で手術を受け、シーズン45試合目にしてようやく初出場を飾った。3試合連続で先発出場し、平均22.3分間のプレイで19.3得点、8.0リバウンド、1.7アシスト、シュート成功率66.7%を記録。デビュー戦では3ポイント4本成功を含む17連続得点を挙げ、2試合目のデンバー・ナゲッツ戦では迫力満点のダンクやブロックも飛び出すなど、その一挙手一投足が注目されている。 『AP通信』は、アルビン・ジェントリーHC(ヘッドコーチ)が「彼がコートにいることで、我々は明らかに良くなっている。彼は生まれ持った才能を発揮している」と語ったコメントを紹介。バレーボールのスパイクを彷彿させたナゲッツ戦の豪快ブロックについても、「ルーキーとして良い仕事をしている。以前デューク大でも(あのようなブロックを)見た。タイミングとブロック技術が素晴らしい」と評価しているという。 ザイオンは123-108で勝利したボストン・セルティックス戦でオフェンシブ・リバウンド7本をもぎ取るなど、21得点、11リバウンド、2アシストと大暴れ。ベテラン司令塔のドリュー・ホリデーは、「彼はミスしてもそれを空中で取ってダンクできる。それは神から与えられたものだ」と脱帽するとともに、大型ルーキーに称賛の言葉を送った。 『AP通信』によれば、ザイオンはジャンプやダッシュに際して痛みはなく、プレイへの制限は出ていないという。しかし、約3カ月のリハビリ期間で走力は少なからず落ちており、まだコンディションを挙げている最中。連係もまだミスが散見されるが、時間が解決してくれるとホリデーは証言する。 「タイミングは課題の一つだ。ティップダンクでよく見えがちだけど、ロンゾ・ボールがドライブした時に、カットするタイミングが遅かったり、早かったりする。こういった細部は時間の経過とともに良くなっていくだろう」 “レブロン・ジェームズの再来”とも言われる怪物新人ザイオンが、これからどのようなプレイを見せていくのか、熱視線が注がれていくことになりそうだ。

■初月無料でNBAを観る

コメント(21件)

  • 021
    LAたかスぃ
    6か月前

    あの爆発的な身体能力は悔しいけど日本人にはまね出来ないよね!

    0
  • 020
    ニテンドウ
    6か月前

    この体で、あのスピードでドライブかけてきたら、怖いだろうなディフェンスしてる人

    0
  • 019
    USAGI6
    6か月前

    合わせでゴール下に走り込んで来るだけで恐怖です( ̄▽ ̄;) まともに相手したらNBA選手でも怪我するんじゃなかろうか・・・

    0
  • 018
    ちょぽこ
    6か月前

    プレイスタイルはレブロンと違うけど、その怪物ぶりはレブロン並みだよね

    0
  • 017
    Mr.ギリギリマスター
    6か月前

    JJがペリカンズを選ぶ理由がわかるぞ

    0
  • 016
    まつ
    6か月前

    ザイオンは意外と視野が広くてパスが上手いからミッドレンジかミドルポストあたりから1on1を仕掛けつつキックアウトパスとかピック&ポップでスリーを打たせるってのが合いそう

    0

関連タグ

チーム

  • ペリカンズ

選手

  • ザイオン ウイリアムソン

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. 新人ザイオン・ウィリアムソンの規格外プレイに同僚も感嘆「神から与えられたもの」