マイアミ・ヒートがダリル・メーコンを解雇し、ゲーブ・ビンセントと2ウェイ契約を結ぶ

現地1月8日、マイアミ・ヒートは2ウェイ契約下にあったダリル・メイコンをウェイブ(解雇)し、新たに同契約をゲーブ・ビンセントと締結することを発表した。 ビンセントは、サクラメント・キングス傘下であり同チームのGリーグチームであるストックトン・キングスで20試合に出場し、平均23.4得点を記録していた。同選手はGリーグにて3ポイントシュートを88本沈めており、リーグ1位をキープしていた。 メイコンはヒートにて4試合、平均3.5分に出場し、0.8点にとどまっていた。ただし、同傘下でGリーグチームであるスーフォールズ・スカイフォースでは17試合に出場。Gリーグでは平均19.4得点をマークしている。 ヴィンセントはヒートにとって、現在契約下にある2人目の2ウェイプレイヤーとなった。もう一人はセンターのクリス・シルバで、来週中に同選手の契約は現在の2ウェイ契約から、通常のNBA契約に移行する予定である。

コメント(3件)

  • 003
    おまるアドバイザー
    4か月前

    てか契●約がNGワードなのおかしくない?

    0
  • 002
    alpaca56
    4か月前

    ウェイターズは核燃料棒みたいなものだから動かせるようになるまで触らずそっとするしかない ボールハンドラーはウィンズロー復帰で足りるからスコアラー補充したいって感じですかね

    0
  • 001
    mickey
    4か月前

    その前にウェイターズなんとかしなきゃ。 なんともできなそうだけど。

    3

関連タグ

チーム

  • ヒート

キーワード

  • 移籍・トレード

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. マイアミ・ヒートがダリル・メーコンを解雇し、ゲーブ・ビンセントと2ウェイ契約を結ぶ