カワイ・レナード、オフに話題になったフレーズの商標登録を出願

ロサンゼルス・クリッパーズのカワイ・レナードは、洋服や靴で使用する2つのフレーズの商標登録を米国特許商標庁に出願した。 ワシントンDCの商標弁護士ジョシュ・ガーベンは、レナードが「What it do baby」、「City views over interview」という2つのフレーズの商標権取得を狙っていることをツイッターにて報告している。また同庁はレナードが10月23日に出願書類を提出していることを明らかにした。 「What it do baby(調子はどうだ?)」というフレーズは、昨季トロント・ラプターズの一員として優勝を達成したレナードが、オフシーズン中に元チームメイトだったサージ・イバカのインスタグラムにて発言して大きな話題となっていた。

コメント(2件)

  • 002
    安西
    10か月前

    ???: Taco Tuesday!!!!!!!

    5
  • 001
    Border Area
    10か月前

    こういう、英語のニュアンス的な部分を読み解ける英語力がほしいー。 ベイベーって使うくらいなチームメイトとの関係性が、なんだかいい話聞いた感。

    0

関連タグ

チーム

  • クリッパーズ

選手

  • Kawhi Leonard

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. カワイ・レナード、オフに話題になったフレーズの商標登録を出願