「その時々で必要なことをやるべきだと強く信じている」 スペンサー・ディンウィディーがレイカーズ入りを決めた理由を明かす

ロサンゼルス・レイカーズのスペンサー・ディンウィディーが、契約後初めてチーム練習に参加した。練習後、メディアのインタビューに応じたディンウィディーは、以前所属していたダラス・マーベリックスではなくレイカーズを選んだ理由のひとつを明かしている。 「例えば子どもの頃、いじめっ子にやられて泣いて帰ってきたとする。ダラスは母親のように『大丈夫、気にしないで』と言ってくれる存在だ。一方でレイカーズは父親のように『勝つまで戦ってこい』と言うような存在なんだ。分かるかな? 今の自分にはそういうものが必要だと感じたんだ」 また、ブルックリン・ネッツからトロント・ラプターズにトレード後、ウェイブされてから最初にコンタクトしてきたのがレイカーズのロブ・ペリンカだったという。一緒にレイカーズのホームでニューオーリンズ・ペリカンズ戦を観戦し、好印象を抱いたと明かした。 ディンウィディーはワシントン・ウィザーズ在籍時に八村塁と、マーベリックス在籍時にクリスチャン・ウッドと、ネッツ在籍時にディアンジェロ・ラッセル、トーリアン・プリンスとプレイした経験がある。 レイカーズのダービン・ハムHC(ヘッドコーチ)は、「彼はすぐにチームに馴染んでくれるだろう。我々がサポートするから『ミスを恐れるな』と伝えてある」とコメントしている。 レイカーズは2月14日に本拠地でデトロイト・ピストンズと対戦する。「その時々で必要なことをやるべきだと強く信じている」と語るロサンゼルス出身のディンウィディーは、地元で新天地デビューを飾ることとなるだろうか。

▶▶NBA全試合が無料で観られる「NBA LEAGUE PASS for 楽天モバイル」。詳細をチェック!

【お知らせ】1月22日(月)より楽天モバイルがNBAグッズが当たるキャンペーンを実施

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (16)

    Related Tags

    Teams

    • レイカーズ

    Players

    • Spencer Dinwiddie

    Keywords

    • ニュース全般
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. 「その時々で必要なことをやるべきだと強く信じている」 スペンサー・ディンウィディーがレイカーズ入りを決めた理由を明かす