セルティックスの大黒柱ジェイソン・テイタムは“ラストショット”にこだわらず「僕にエゴはない」

ボストン・セルティックスはすでにプレイオフ進出を決め、2007-08シーズン以来となるリーグ優勝を目指す。チームのエースにはジェイソン・テイタムが君臨するが、勝負を懸けた決勝シュートを撃つことにこだわりはないという。『ボストン・グローブ』のゲイリー・ウォッシュバーン記者が伝えた。 日本時間3月19日(現地18日)に敵地で行われたジャズ戦、セルティックスは117-118で迎えた第4クォーター残り1.1秒、この日15得点(フィールドゴール4/12、3ポイント3/8、フリースロー4/6)のテイタムではなく、チームトップの23得点(フィールドゴール8/16、3ポイント7/12)を挙げていたグラント・ウィリアムズにラストショットを託した。 しかし、スローインを受けてゴール下でシュートを狙ったウィリアムズはジャズのウォーカー・ケスラーにブロックされてしまい、逆転できずに敗れてしまった。 テイタムは6年目の今季、キャリアハイの平均30.0得点、8.9リバウンド、4.7アシストとシーズンMVPの活躍を見せているが、ウォッシュバーン記者がジェイレン・ブラウンらほかの選手がホット(好調)で、自分がそうではない日に、ゲームを決める勝負のシュートがほかの選手に委ねられることをどう思うか尋ねると、このように答えたという。 「僕はそれでいい。僕にエゴはない。ただ勝つためにやっている」 “無欲”のエースは、チームを勝利に導くために自らのすべてをゲームに注ぐ。

▶▶レイカーズの八村塁やネッツの渡邊雄太らの活躍が観られるNBA Rakutenの視聴プランをチェック!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (24)

    Related Tags

    Teams

    • セルティックス

    Players

    • Jayson Tatum

    Keywords

    • ニュース全般

    Popular

    Featured

    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. セルティックスの大黒柱ジェイソン・テイタムは“ラストショット”にこだわらず「僕にエゴはない」