セルティックスのジェイソン・テイタムがホーネッツ戦で51点 50点超えにこだわった理由はジャマール・クロフォードの指摘

日本時間1月17日(現地16日)、ボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムがシャーロット・ホーネッツ戦で51点をマークした。テイタムの50点超えはキャリア5度目。127-114とリードしていた試合残り38秒に26フィートのステップバックシュートで51点目を挙げたのだが、50点超えにこだわった理由を試合後に明かしている。 テイタムは昨年12月1日(同11月30日)のマイアミ・ヒート戦で49点を挙げたのだが、試合の趨勢が決していたこともあって最後シュートを放たなかった。すると試合後、元NBA選手のジャマール・クロフォードからメールがあったという 「ジャマールから試合後にメールが来て、『50点に近づいても、誰も日時や得点を覚えていないだろう。50点を取ったかどうかなんだ』と言われたんだ。そのことが頭をよぎったのさ。ジャマールは、50点に迫ったなら点を取りに行けと言っていたよ」 大爆発したテイタムに対し、敵地シャーロットのファンも最後は「MVP」のチャントで称えた。NBA入り前にノースカロライナ州にあるデューク大で1年プレイしていたこともあって、「ここに来ると地元に帰ってきたような気がする」と喜んだ。 130-118で勝利し7連勝を達成したセルティックスは、20日(同19日)にホームでゴールデンステイト・ウォリアーズと対戦予定だ。

▶▶無料ハイライト:2023/1/17 セルティックス VS ホーネッツ

▶▶八村塁や渡邊雄太の活躍も観られるNBA Rakutenの視聴プランをチェック!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (48)

    Related Tags

    Teams

    • セルティックス

    Players

    • Jayson Tatum

    Keywords

    • ニュース全般
    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. セルティックスのジェイソン・テイタムがホーネッツ戦で51点 50点超えにこだわった理由はジャマール・クロフォードの指摘