ビンス・カーターがジョーダン、コービー、レブロンを“格付け” 栄えあるトップは?

アトランタ・ホークスのビンス・カーターは、NBA史上初めて4つの年代(1990、2000、2010、2020)でプレーした選手として名を刻んだ鉄人だ。近年でNBAを最も熟知する男が選ぶ「歴代トップ3」とは――。 ノースカロライナ大出身のカーターは、大学3年時の1998年にNBAドラフトへアーリーエントリー。全体5位でゴールデンステイト・ウォリアーズに指名された後、トロント・ラプターズへトレードされた。平均18.3点、5.7リバウンド、3.0アシストを記録して新人王に輝くと、2年目の1999-2000シーズンにはオールスターに出場。同年のスラムダンクコンテストで圧巻の優勝を飾り、瞬く間にスターダムに駆け上がった。 2004年以降はニュージャージー・ネッツ(現ブルックリン・ネッツ)、オーランド・マジック、フェニックス・サンズ、ダラス・マーベリックス、メンフィス・グリズリーズ、サクラメント・キングスと渡り歩き、昨季からホークスに所属。キャリア22年間で歴代3位の通算1541試合、同22位の通算2万5728点、同6位の通算3ポイント成功数2290本を積み上げてきた。 そんな“生きるレジェンド”が、元NBA選手のマット・バーンズとスティーブン・ジャクソンがホストを務めるポッドキャスト番組『ALL THE SMOKE』に出演。同じノースカロライナ大出身のマイケル・ジョーダンの偉大さについて語る流れで、ジョーダン、コービー・ブライアント、レブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)の格付けを問われると、迷わずジョーダンを1位に選出した。 「俺はMJを支持するよ。MJは何回ファイナルに行った? 6回のうちすべてで優勝している。つまり、彼はファイナルで負けてない。信じられない。でも、それがリアルだ」 2000~02年の3連覇を含む、キャリア20年で5回のチャンピオンシップを獲得したコービーについては、「コービーは7回中5回だよね? みんなは常に勝率の話をするんだ」と2003-04シーズンと2007-08シーズンにファイナルで敗れている点を指摘した。 一方で史上6人目となる8年連続ファイナル進出の記録を持つレブロンは、9回中3回しか頂点に立っていない。クリーブランド・キャバリアーズでは優勝に手が届かず、マイアミ・ヒートに移籍してドゥエイン・ウェイド、クリス・ボッシュとの“スリーキングス”で2012年にようやく初タイトルを手にしている。 「レブロンはコービーやジョーダンを越えられるか?」との質問に、3人との対戦経験があるカーターは「チャンスはある」と答えた。 「ジョーダンやコービーはもう得点を重ねられない。(レブロンの)ファイナル進出が10回となれば素晴らしいことだ。議論があるのは当然。レブロンがここからどう進んでいくのか見てみよう」 “紳士”カーターは、3人それぞれに対してリスペクトの意を示すことも忘れなかった。

コメント(7件)

  • 007
    こーべ
    1週間前

    レブロン信者って、めちゃいるんですね。 弱い東を勝ち上がって、やっとこさファイナルまで辿り着いた西と戦うレブロンってはたしてキングなのかな。カーターの言う通り今後のキャリアで、変わってくると思います。

    1
  • 006
    PPAP
    1週間前

    初期のしょーもないキャブスをファイナルまで連れて行けるのはレブロンだけだろうな。 ファイナルの勝率ばかり批判されるのが本当に解せない。

    7
  • 005
    ピンクジェームズ
    1週間前

    初期キャブズを1人でファイナルにまで導いたのと、カイリーがいなくてもファイナルまで導いたのがとんでもない偉業だった。

    11
  • 004
    あか
    1週間前

    単に 2014はヒートよりスパーズの方が強かったでしょ

    2
  • 003
    t@
    1週間前

    確かに初期キャブスは可哀想でしたけど2011年あのメンツでマブスに負けたの事と、チーム力とレナードに止められスパーズに負けた2014年には触れない方向なんですね💦↓

    3
  • 002
    CP3
    1週間前

    まさにカーターの言うとおりですね、ここからのレブロンに期待です!😆

    6

関連タグ

チーム

  • ブルズ
  • レイカーズ
  • ホークス

選手

  • Vince Carter
  • LeBron James

キーワード

  • ニュース全般
  • マイケル・ジョーダン
  • コービー・ブライアント

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. ビンス・カーターがジョーダン、コービー、レブロンを“格付け” 栄えあるトップは?