ネッツ、狙うは若手を駒にした3人目のスター獲得か

ブルックリン・ネッツが、来シーズンに向けてケビン・デュラント、カイリー・アービングに次ぐ3人目のスター獲得を狙っていると噂されている。 『ESPN』のブライアン・ウィンドホースト記者は、ポッドキャスト番組『The Hoop Collective』に出演した際、ネッツは新たなスター選手を迎え入れるため、どんなことでも行なう姿勢であるとコメントした。 「彼らは若手を使って、カイリー、デュラントに続く3人目のスター獲得を画策していると思われる。今はカリス・ルバートがその3人目になれるかを議論する正しいタイミングだ。もしかしたらネッツは彼がその選手であると判断するかもしれない。ただショーン・マークスGMの言葉や、彼らがトレードデッドラインで行なった交渉を考慮すると、オフシーズンを迎えたとき、彼らは大きく動くと私は予想している」 ウィンドホースト氏の意見に同意する『NBC Sports』のダン・フェルドマン記者は、ネッツにはトレード価値のあるアセットが揃っていると自身の記事にて語っている。 「アービングとのダブルPG戦術が上手くハマっていないスペンサー・ディンウィディー。ボールを必要とするスタイルは、デュラントとアービングがいるチームにおいて余分な感じもあるルバート。そしてデュラントとアービングの友人のディアンドレ・ジョーダンに先発を奪われるなど、不当な扱いを受けているジャレット・アレン。この3人なら、ほかのチームでもっと活躍できるし、多くのチームの興味を引くはずだ」 現時点でネッツのターゲットとして特定の選手の名前は挙がっていない。ただシーズン中断直前にケニー・アトキンソンHCを解任するなど、来シーズンに向けて今後もネッツが動いていくことはほぼ間違いなさそうだ。

コメント(17件)

    関連タグ

    チーム

    • ネッツ

    選手

    • Kyrie Irving
    • Kevin Durant
    • Jarrett Allen
    • Spencer Dinwiddie
    • Caris LeVert
    • DeAndre Jordan

    キーワード

    • ニュース全般

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. ネッツ、狙うは若手を駒にした3人目のスター獲得か