オバマ前大統領がシカゴを訪れ、ルカ・ドンチッチ、トレイ・ヤング、ザイオン・ウィリアムソンと対面

2月14日(日本時間2月15日)、シカゴで開催された社会貢献イベントである『NBAケアーズ』にオバマ前大統領が訪れ、同イベントにてボランティア活動を行っていたアトランタ・ホークスのトレイ・ヤング、ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチ、ニューオーリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンと雑談をしたと『NBA.com』が報じた。 ヤングとドンチッチは、NBAでのキャリアわずか2年目にして早くも今季オールスター選出を果たしているほか、ワシントン・ウィザーズで活躍する八村塁も出場する、有望な1年目と2年目の選手のみが選出される「ライジング・スターズ」に出場する予定となっている。昨年のドラフトで全体1位指名を受け、「10年に一人の逸材」と謳われるザイオンもまた、「ライジング・スターズ」に出場する予定だ。 これからのNBAをリードしていくであろう上記3選手を含むライジング・スターズ出場選手が、NBAケアーズのイベントにて子どもたちのバッグに学用品を詰め込んでいた最中、オバマ前大統領がサプライズで会場に登場し、選手や子どもたちを驚かせた。 オバマ前大統領は、選手や子どもたちと作業するドンチッチのもとへ近づくと、「君は素晴らしい活躍をしているよ」と賞賛した。その後、今度はヤングとザイオンが作業していたテーブルで30分以上にわたり2人と雑談をしていたと同メディアは報じている。 オバマ前大統領と濃密な時間を過ごしたヤングは、「(オバマ前大統領は)僕のプレイを見るのが好きでいつも見てくれているんだ! 彼は僕がいれば“ホークスの将来は安泰だ”と言ってくれた。僕についてこんなに知っていたなんて信じられなかったよ」と嬉しそうにコメントした。 NBAの大ファンとしても知られるオバマ前大統領に選手達が自己紹介をする必要はなく、彼はマイアミ・ヒートのルーキーであるタイラー・ヒーローと対面した際も、ヒーローが自己紹介をする前に「シャープシューター」と声をかけていた。これについてヒーローは、「嬉しかった」と振り返っている。 オバマ前大統領と1対1で会話する場面もあったザイオンは、興奮気味に以下の通り語った。 「彼(オバマ前大統領)ほど多忙な人が、僕らのために時間を割いてくれたことに、ただただ脱帽だよ。尊敬する彼が僕らのことだけではなく、僕らのスタッツまで熟知してくれていることを知って、非常に嬉しかった。“キャリアハイ32得点”って言われた時は鳥肌が立ったよ」 オバマ前大統領は、対面した子どもたち、選手、コーチ、スタッフ全員と固い握手を交わした後、部屋を後にした。彼の登場は、会場内にいた全員にとって大きなサプライズとなったようだ。

コメント(8件)

  • 008
    nba gril
    4か月前

    素晴らしい!!!

    0
  • 007
    [設定されていません]
    4か月前

    このコメントは削除されました

  • 006
    [設定されていません]
    4か月前

    このコメントは削除されました

  • 005
    バーナビー
    4か月前

    オバマ忙しいのかな??オバマもスタッツ知ってるくらいファンなんだよ。

    3
  • 004
    京都のじじぃ
    4か月前

    オバマは仕事はできないけれど、品格はあったなぁ。

    2
  • 003
    だい
    4か月前

    さすがオバマや、👏

    5

関連タグ

選手

  • Trae Young
  • Luka Doncic
  • ザイオン ウイリアムソン

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. オバマ前大統領がシカゴを訪れ、ルカ・ドンチッチ、トレイ・ヤング、ザイオン・ウィリアムソンと対面