ウルブズのアンソニー・エドワーズがオフィシャルを批判して4万ドルの罰金処分に

日本時間2月1日(現地1月31日)、NBAはミネソタ・ティンバーウルブズのアンソニー・エドワーズが公の場で繰り返しオフィシャルを批判したとして、4万ドルの罰金処分を科したと発表した。 エドワーズは1月30日(同29日)に行なわれたオクラホマシティ・サンダー戦に107-101で勝利したあと、思ったようにファウルを得られなかったことについて、レフェリーを「酷かった」と批判していた。 「(レフェリーたちは)黙っているかもしれないけどまあいい。フェアじゃなかったけど気にしないよ」 今回、「罰金は払うつもり」と罰則を覚悟の上で不満を述べたエドワーズ。相当鬱憤が溜まっていたようだ。

▶▶「NBA LEAGUE PASS for 楽天モバイル」はNBA全試合が無料で観られる。詳細をチェック!

【お知らせ】1月22日(月)より楽天モバイルがNBAグッズが当たるキャンペーンを実施

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (10)

    Related Tags

    Teams

    • ティンバーウルブズ

    Players

    • Anthony Edwards

    Keywords

    • ニュース全般
    • 罰金

    Popular

    Featured

    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. ウルブズのアンソニー・エドワーズがオフィシャルを批判して4万ドルの罰金処分に