ホーネッツのマイルズ・ブリッジズがカナダへの渡航を拒否される 過去の暴力トラブルが原因

シャーロット・ホーネッツのマイルズ・ブリッジズが、過去の法的問題によってカナダへの入国を拒否され日本時間12月19日(現地18日)に行なわれるトロント・ラプターズ戦を欠場することとなった。『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じている。 ブリッジズは2022年6月に、自身の2人の子どもの母親に対するDVの事件を起こしていた。ホーネッツは試合開始約1時間前に、ブリッジズの欠場と「チームに同行していない」と発表している。 ロサンゼルス郡地方検事局によると、ブリッジズは服役こそ免れたものの、3年間の保護観察処分を受けている。また、女性に対する10年間の保護命令、毎週の麻薬及びマリファナの検査、損害賠償の支払いも義務付けられている。なお、10月には保護命令に違反し、逮捕状が出ていた。 ブリッジズはこうしたトラブルから、昨季は全休、今季も開幕から10試合を欠場していた。出場停止処分が解けて以降は12試合に先発し、平均19.6点、7.2リバウンドを記録。ホーネッツの中軸として活躍している。

【お知らせ】「応援メッセージを書いて当てよう! ティソ T-タッチ プレゼントキャンペーン」

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (4)

    Related Tags

    Teams

    • ホーネッツ

    Players

    • Miles Bridges

    Keywords

    • ニュース全般

    Popular

    Featured

    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. ホーネッツのマイルズ・ブリッジズがカナダへの渡航を拒否される 過去の暴力トラブルが原因