「史上最高のリバウンダー、チャンスはあると思う」 ブルズのアンドレ・ドラモンドが自身の殿堂入り見込みについて語る

11年のNBAキャリアで平均12.7リバウンドを記録しているシカゴ・ブルズのアンドレ・ドラモンドが、ポッドキャスト番組『The Comfortable Pod』で「自分は史上最高のリバウンダーだと思う」と語っている。 「かつては40分以上プレイしていた。自分はオールスター、オールNBAにも選出されたんだ。殿堂入り候補で、史上最高のリバウンダーだ。キャリアを通して素晴らしいことを成し遂げてきた。これまでのキャリアを通して積み重ねてきたことを鑑みれば、殿堂入りするチャンスはあると思う」 ドラモンドの通算リバウンド奪取率24.85%は、1970-71シーズン以降では並み居るリバウンダーを抑えて堂々のトップである。さらに2017-18シーズンには歴代5位となる26.23%をマークしている。 一方で近代バスケットボールではセンターでも3ポイントをはじめ器用さが求められるが、ドラモンドはペイントエリアで泥臭く働くタイプである。『NBC Sports』は、これまで4度リバウンド王に輝いているドラモンドが最高峰のリバウンダーであり、素晴らしいキャリアを送っていることは認めつつ、殿堂入りのためにはそれ以上のものが求められるとしている。 近年は途中出場が多くなっているドラモンドだが、まだ30歳。新シーズンでは殿堂入りを決定づけるパフォーマンスを披露できるか。

▶▶楽天モバイルご契約者様限定「NBA BASIC PASS for 楽天モバイル」が無料!

▶▶世界最高峰のバスケを観よう! NBA Rakutenの視聴プランをチェック

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Comments (19)

    Related Tags

    Teams

    • ブルズ

    Players

    • Andre Drummond

    Keywords

    • ニュース全般

    Popular

    Featured

    1. NBA Rakuten Top
    2. News
    3. 「史上最高のリバウンダー、チャンスはあると思う」 ブルズのアンドレ・ドラモンドが自身の殿堂入り見込みについて語る