ヒートと契約延長合意のバム・アデバヨ、オールNBAチーム選出が目標「個人の栄誉が勝利の助けになるなら狙う」

マイアミ・ヒートのバム・アデバヨは、11月24日(日本時間25日)にルーキー契約のマックス額で契約延長することに合意したと報じられた。5年最大1億9500万ドル(約203億4000万円)に及ぶ可能性があると目されるが、本人もさらなる活躍に意欲を見せている。 2017年のドラフト1巡目14位指名でヒート入りしたアデバヨは、3年目の昨季に平均15.9得点、10.2リバウンド、5.1アシスト、1.1スティール、1.3ブロックを記録。オールスター初出場に加え、オールディフェンシブ2ndチームにも選出されるなど飛躍のシーズンを過ごした。 新シーズン開幕前日の12月21日(同22日)までに契約延長するかが注目を集めていたが、『ESPN』のザック・ロウ記者は、アデバヨの代理人を務めるアレックス・サラトシス氏がヒートとマックス額での契約延長で合意に至ったことを明かし、数日以内に正式サインが見込まれていると伝えている。 『ESPN Stats & Information』によれば、アデバヨの契約は昨季加入したジミー・バトラーの1億4100万ドル(約147億1000万円)を上回り、ヒート史上最高総額。2021-22シーズンに年俸2810万ドル(約29億3000万円)で始まり、オールNBAチーム選出など個人タイトル獲得で、年俸はさらに上がっていくという。 女手一つで育てられ、母親への恩返しを誓っていたアデバヨは、好待遇での契約延長に喜びをかみ締めつつ、さらなる活躍を誓っている。 「ずっと手にしたいと思っていた成果だ。家族の生活を変え、自分の周りの人間の面倒を見ることができるという意味で、僕にとっては大きな意味がある。個人タイトルは、もう一つのチャレンジだ。僕はこのチームの勝利のために全力を注いでいる。でも、もし個人の栄誉がその助けになるなら確実に狙う」 また、ヒートへの愛着について「このチームは1億6000万ドル(約167億円)持っていようが、150万ドル(1億5600万円)だろうが、同じように扱われる。それがこの組織の好きなところだ」と語ったアデバヨ。あと一歩のところで優勝に手が届かなかった昨季の悔しさを胸に、NBA4年目のシーズンで“リベンジ”を誓う。

【無料】『Legend Story』【神と呼ばれた男】マイケル・ジョーダン(Part 1)を観る

ブランドン・イングラム、ペリカンズと5年総額1億5800万ドルで再契約に合意

ドノバン・ミッチェルがジャズとの契約延長に合意 金額は最大1億9500万ドル

セルティックス、若きエースのジェイソン・テイタムと5年最大1億9500万ドルで契約延長に合意

コメント(4件)

    関連タグ

    チーム

    • ヒート

    選手

    • Bam Adebayo

    キーワード

    • ニュース全般
    • MAX契約
    • 契約延長

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. ヒートと契約延長合意のバム・アデバヨ、オールNBAチーム選出が目標「個人の栄誉が勝利の助けになるなら狙う」