ボヤン・ボグダノビッチのブザービーターで、ジャズが東西の上位対決を制す

現地11月8日にユタ・ジャズのホームのビビント・スマートホーム・アリーナで行われたジャズ対ミルウォーキー・バックスの一戦は、ボヤン・ボグダノビッチのブザービーター・3ポイントシュートが決まり、ジャズが103-100で接戦を制した。 ジャズは試合序盤から攻守に渡ってバックスを圧倒し、前半に一時25点差をつける猛攻を見せた。しかし、後半はエースのヤニス・アデトクンボを中心としたバックスのオフェンスが息を吹き返し、第4Q(クォーター)にはこの試合初のリードを奪った(89-88)。 その後、ジャズが再びリードを広げる場面もあったが、試合終盤にバックスが連続得点を決めて100-100の同点とし、残り2.3秒からバックスのクリス・ミドルトンが決勝シュートのチャンスを得たものの、このプレイは痛恨のターンオーバーとなり、残り1.3秒からジャズのボールで試合が再開することとなった。 この最後のプレイで、ベースライン沿いのコーナーでフリーになったボグダノビッチが見事に3ポイントシュートを成功させ、ジャズが劇的な勝利をおさめた。 ジャズは、ボグダノビッチが33得点、5リバウンド、マイク・コンリーが20得点、3リバウンド、3アシストと、今オフの新加入組が活躍したほか、生え抜きのドノバン・ミッチェルが19得点、5リバウンド、6アシスト、ルディ・ゴベアが8得点、17リバウンド、ロイス・オニールが11得点、11リバウンド、3ポイントシュート4本中3本成功と、きっちりと仕事をこなした。 一方のバックスは、前半2得点しか決められなかったアデトクンボが後半の猛攻を牽引し、30得点、13リバウンド、4アシストと気を吐いたが、試合終盤に不用意なファールを連発してファールアウトとなった。バックスでは、そのほかにもミドルトンが26得点、11リバウンド、エリック・ブレッドソーが22得点、8リバウンド、5アシストを記録している。 バックスは2001年10月30日(現地時間)の試合以降ソルトレイクシティでジャズに勝てておらず、この試合でアウェイのジャズ戦を18連敗とした。

コメント(6件)

  • 006
    ペリカン
    6か月前

    ユタ ジャズ!!!!!!

    0
  • 005
    warriors
    6か月前

    ボグダノビッチ(ボヤン)ほんといい選手だな~

    2
  • 004
    surf_nba
    6か月前

    セレブレーションでミッチェルが水のタンク持ってきたけどほとんどかかってなかった

    1
  • 003
    トコちゃん
    6か月前

    最後はヒヤッとしましたが、結果的に劇的なブザーピーター勝利となり、チームの連帯感は強まったかもしれないですね。

    4
  • 002
    Mr.ギリギリマスター
    6か月前

    ジャスいい、とてもいい

    3
  • 001
    RB
    6か月前

    ボギー最高だ

    5

関連タグ

チーム

  • ジャズ
  • バックス

選手

  • Bojan Bogdanovic

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. ボヤン・ボグダノビッチのブザービーターで、ジャズが東西の上位対決を制す