プレイイン・トーナメント参戦確定のセルティックス、ジェイソン・テイタムはさらなる成長を期す「新しいチャレンジのなかで学んでいく」

日本時間5月13日(現地12日)、ボストン・セルティックスはクリーブランド・キャバリアーズと対戦し、94-102で敗れた。この敗戦でイースト7位以下が確定し、プレイオフ出場最後の2枠を争うプレイイン・トーナメントに参戦することが決定した。 イースト3位(48勝24敗)でプレイオフに臨んだ昨季から、今季は怪我や新型コロナウイルス感染の影響も受けて大きく順位を落とすことになったセルティックス。開幕前の期待を裏切る順位となったが、チームを牽引するエースのジェイソン・テイタムは、今季の苦戦はさらに成長するための過程であると語った。セルティックス公式サイトのテイラー・スノー記者が、キャバリアーズ戦後のコメントを伝えてる。 「これは僕にとって成長するためのものだ。新しいチャレンジのなかで学んでいく。もちろん完璧には進まない。ただ、チームを助けるためにベストを尽くしている。目標に届かなかった今回のよう状況では、自分に何ができたかを考えるんだ。もっと上手くできたことが間違いなくあった。フィルムなどを見て、チームと自分の将来のためによりいい選手になるよ」 4年目の今季テイタムは63試合で、いずれもキャリアハイとなる平均26.4得点、7.3リバウンド、4.3アシストを記録。しかし、シーズン途中にコロナに感染し、その後遺症にも悩まされるなど波の激しいシーズンを送った。 プレイイン・トーナメントは、怪我で今季絶望となったセカンドスコアラーのジェイレン・ブラウンなしで戦うことになるため、テイタムにはより一層のプレッシャーがかかる。23歳の若きエースがシーズン中の苦戦から学び、チームをプレイオフへと導けるか注目となる。

ラプターズの渡邊雄太を米著名記者が“今季飛躍したロールプレイヤー”に選出

8年ぶりのプレイオフ進出を決めたニックス、エースのジュリアス・ランドルはチームへの忠誠を誓う「ニックとして引退したい」

今夏フリーエージェントとなるヒートのビクター・オラディポ、右膝の手術実施で今季絶望に

■2020-21シーズンはいよいよ最終盤。「NBA Rakuten」で激戦を見届けよう!

関連タグ

チーム

  • セルティックス

選手

  • Jayson Tatum

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. プレイイン・トーナメント参戦確定のセルティックス、ジェイソン・テイタムはさらなる成長を期す「新しいチャレンジのなかで学んでいく」