ラッパーのJ. コールがバスケットボール・アフリカ・リーグに参戦か

グラミー賞受賞ラッパーであるJ. コールが、バスケットボール・アフリカ・リーグ(BAL)に参戦するようだ。J. コールがBAL所属のルワンダ・ペイトリオッツBBCでプレイする見込みだと、『ESPN』のマーク・J・スピアーズ記者が報じている。 BALはNBAとFIBAが共同で運営する新プロリーグ。アフリカにある合計12チームで構成されたリーグは、本来昨年3月に初シーズンの開幕を迎える予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により延期されていた。 報道によれば、36歳のJ. コールはすでにルワンダ共和国に入国しており、現地5月16日に開幕するBALでプレイするべく現在は隔離期間中。13日には、チームとの契約が正式に発表される予定だという。 21サヴェージとの共演楽曲である『A Lot』が昨年のグラミー賞における最優秀ラップ・ソングに選出され、2019年のオールスターゲームではハーフタイムショーを担当するなど全米屈指のラッパーとして知られるJ. コール。サンフォード高時代はバスケットボールに打ち込み、進学したセント・ジョンズ大でもラッパーとしての道を選択するまでプレイしていた。近年はピックアップゲームでNBA選手に対して活躍する姿がSNSなどで出回っており、一時はNBAチームへのトライアウトに参加する可能性も報じられていた。

ウィザーズのラッセル・ウェストブルックが史上最多となる182度目のトリプルダブルを達成 通算アシスト数も8000を突破

レイカーズのレブロン・ジェームズが日本時間12日のニックス戦で復帰か

来季の去就が注目されるラプターズのカイル・ラウリー、ニックスが強い関心と報道

■2020-21シーズンはいよいよ最終盤。「NBA Rakuten」で激戦を見届けよう!

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ラッパーのJ. コールがバスケットボール・アフリカ・リーグに参戦か