コービー・ブライアントとナイキの契約が終了 妻バネッサさんが認める

コービー・ブライアントの妻バネッサさんとブライアントの財団が、ナイキとのパートナーシップ契約更新を見送った。バネッサさんは『ESPN』の取材に、「コービーとナイキの契約は2021年4月13日(現地時間)に満了した」と答えている。ブライアントは2016年の現役引退後に5年の延長契約を結んでいた。 バネッサさんは、「コービーとナイキは、世界中のあらゆるファンやアスリートに愛用された、シューズ界で最も美しいバスケットボールシューズをいくつも作り上げてきました。多くのNBA選手も他のシグネチャーシューズではなく主人のシューズを愛用しているようです」とコメント。しかしその一方で、ブライアントの引退後や2020年1月の事故後、関連アイテムの販売数を制限したこと、並びにキッズサイズの展開が少なかったことに不満を抱えていたという。 なお、後にナイキもこの件について、「コービー・ブライアントはナイキと消費者の深いつながりを示す重要な人物でした。彼は周囲の人々を良くしました。私たちの契約は終了したが、これからもナイキファミリーの一員であり続ける」と声明を発表している。 ブライアントは1996年にNBA入りした際、アディダスと契約。その後同社を離れ2003年にナイキへ。2016年の引退以降も、数々のシグネチャーシューズがリリースされている。

【無料】「NBA Rakuten」で渡邊雄太が活躍したマジック戦とサンダー戦を無料配信

ホーネッツのラメロ・ボール、手首の骨折完治で個人練習再開へ

トップ指名候補のゴンザガ大ジェイレン・サッグスがNBAドラフトへのエントリーを表明

■「NBA Rakuten」の視聴プランをチェック!

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • コービー・ブライアント
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. コービー・ブライアントとナイキの契約が終了 妻バネッサさんが認める