ダニー・グリーンが12月22日開幕案に見解「最初の1か月、レブロン・ジェームズのプレイを目にすることはない」

NBAは2020-21シーズンのレギュラーシーズンを72試合に短縮し、今年のクリスマス前に開幕するプランが議論されている。ファイナルに出場して優勝を飾ったロサンゼルス・レイカーズのダニー・グリーンは、シーズンスタートが繰り上がる場合は同僚のレブロン・ジェームズらベテラン選手たちは休息のため、序盤戦を欠場するだろうと予測している。 今季のNBAは新型コロナウイルスの世界的流行により、3月11日(日本時間12日)を最後に中断。7月30日(同31日)からフロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内にバブル(隔離地域)を設ける形でシーズンを再開させ、中立地での集中開催形式でシーディングゲームとポストシーズンの日程を消化した。 シーズン終了が従来よりも大幅にずれ込んだため、来シーズン開幕は当初、年明けの1月以降だとアダム・シルバーNBAコミッショーナーも示唆してきた。そのなかで、開幕日を12月22日(同23日)に繰り上がるプランが浮上し、すでにリーグの理事会に伝えられたとされている。 通常は約140日間のオフが取られるが、もし12月22日開幕となれば、10月11日(同12日)までファイナルを戦っていたレイカーズとマイアミ・ヒートは、わずか73日間しか休息期間がないことになる。『The Ringer』の『NBA SHOW』に出演したグリーンは、「来シーズンは12月に開幕できるか」というテーマに対し、ジェームズやほかのレイカーズのベテランがシーズン序盤戦でゲームに出なくても驚かないと語った。 「もし12月に開幕となったら、ほとんどの選手は『そこに自分はいないだろう』という感じになると思う。レイカーズはベテランが多く、若手やルーキーがたくさんいるわけじゃない。(ラジョン)ロンドは15年目、ドワイト(ハワード)は17年目、ブロン(レブロン)は18年目だ。みんなシーズンを戦い抜いたばかりで、ブロンはキャリア17年のうち、ファイナルに10回進出している。その精神力は信じられないよ。もし開幕が早まれば、シーズン最初の1か月、ブロンのプレイを目にすることはないだろうね。おそらく僕たちと一緒に練習はするだろうけど、早い開幕を喜ぶってことはないんじゃないかな」 2003年のドラフト1巡目全体1位でNBA入りしたレブロンも、今年12月30日で36歳。これまでレギュラーシーズン通算1265試合、ポストシーズンで通算260試合に出場し、トータルのプレイ時間は5万9362分に上る。衰えを感じさせない“キング”と言えど、開幕日の繰り上げは蓄積した疲労回復を難しくさせるのは間違いない。NBPA(NBA選手会)がこの案を受け入れるのかも含めて、世界中の注目を集めることになりそうだ。

【無料】俺達のNBA‼ 「俺達の補強」を観る

新シーズンの12月開幕案が急浮上。NBAの目論見と実現の可能性【杉浦大介コラム vol.35】

「ポジションを制限するつもりはない」大物ザイオン・ウィリアムソンにスタン・バン・ガンディ新HCが期待

ネッツのスティーブ・ナッシュ新HCが来季への意気込みを語る「チャンピオンを目指して戦う」

ニックス、アセット獲得のために高額契約の受け入れを検討?

レイカーズGM、“アンソニー・デイビス+新ヤングスター”体制の構想に言及「我々にはフレキシビリティーがある」

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • LeBron James
  • Danny Green

キーワード

  • ニュース全般
  • 開幕
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ダニー・グリーンが12月22日開幕案に見解「最初の1か月、レブロン・ジェームズのプレイを目にすることはない」