ウォリアーズのステフィン・カリーが左肩を亜脱臼 アンドリュー・ウィギンズは練習復帰の許可が下りる

日本時間12月16日(現地15日)、ゴールデンステイト・ウォリアーズはステフィン・カリーが左肩の亜脱臼であると発表した。カリーは15日(同14日)のインディアナ・ペイサーズ戦で同箇所を負傷。翌日MRI検査を受けていた。 『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は、カリーの復帰時期を「数週間以内」とレポートしている。 カリーは13点ビハインドで迎えたペイサーズ戦の第3クォーター残り2分4秒、ジェイレン・スミスからスティールを狙った際に同箇所を負傷。その後コートに戻ることはなかった。なお、試合には119-125で敗れウォリアーズは敵地4連敗。今季を通しても2勝13敗とアウェイで苦しい戦いを強いられている。 カリーは今季、これまで26試合に出場して平均30点、6.6リバウンド、6.8アシストをマークしていた。 なお、直近5試合を欠場していたアンドリュー・ウィギンズは再検査を受け、練習とシュートアラウンドへの復帰が認められている。試合への復帰は今後の経過観察次第となる。

▶▶八村塁や渡邊雄太の活躍も観られるNBA Rakutenの視聴プランをチェック!

【店舗一覧】スポーツバーや飲食店でNBAの試合を観戦しよう!

Related Tags

Teams

  • ウォリアーズ

Players

  • Stephen Curry
  • Andrew Wiggins

Keywords

  • 怪我
人気記事
    1. NBA Rakuten トップ
    2. ニュース
    3. ウォリアーズのステフィン・カリーが左肩を亜脱臼 アンドリュー・ウィギンズは練習復帰の許可が下りる