トレード推奨案も浮上のレブロン・ジェームズ、オーナーとの良好な関係を米記者が主張「ここに居たいと思っている」

ロサンゼルス・レイカーズは豪華ロスターを誇りながら今季ウェスタン・カンファレンス11位(33勝49敗)に終わり、プレイオフ進出どころか、プレイイン・トーナメントにも駒を進められなかった。主軸であるレブロン・ジェームズのトレードを検討すべきだという声も上がるなかで、『ESPN』のブライアン・ウィンドホースト記者は、ジェームズとレイカーズは「良い状況にある」とレポートしている。 開幕前に大型補強を行ったレイカーズは、ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードといったスター選手を擁し、“スーパーチーム”として優勝候補に挙げられた。しかし、ジェームズとデイビスの負傷離脱、ウェストブルックがフィットしなかったこともあり、借金16という想定外の形でシーズンを終えた。 優勝争いどころか、ポストシーズンにも進出できなかった“失敗”のシーズンを受け、名物コメンテーターのスティーブン・A・スミス氏が「レブロンのトレードを本格的に検討すべきだ」と訴えるなど、様々な改革案が飛び交っている。 そのなかで、ウィンドホースト記者は『ESPN』の番組『Get Up』に出演した際、ジェームズとレイカーズのフロント陣は良い関係にあると伝えている。 「レブロンとジニー(バス・オーナー)は、フラストレーションの溜まるシーズンを過ごしたものの、良い状況にある。レブロンはいくつかの調整と健康維持ができれば事態を好転でき、チームも競争力があると信じている。権力と権限を与えられ、ここ(レイカーズ)に居たいと思っている」 レイカーズはジェームズが延長契約にサインするかどうかに関係なく、トレードする意思はないとされる。目下新ヘッドコーチを捜索中でもあり、来シーズンに向けてどのようにチームを作り上げるのか、注目が集まる。

▶▶プレイオフを全試合LIVEで観られるLEAGUE PASS(シーズン)が9900円に。プランをチェック!

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • LeBron James

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. トレード推奨案も浮上のレブロン・ジェームズ、オーナーとの良好な関係を米記者が主張「ここに居たいと思っている」