76ersのジェームズ・ハーデンは今夏に4740万ドルの契約オプション行使が濃厚か

フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)のジェームズ・ハーデンは、今夏に4740万ドル(約62億円)のプレイヤーオプション行使の可能性が高いという。『ESPN』のブライアン・ウィンドホースト記者が伝えた。 ブルックリン・ネッツで今季開幕を迎えたハーデンは、今年2月にトレードでシクサーズへ。移籍後は21試合に出場して平均21.0得点、7.1リバウンド、10.5アシストの成績を残し、ジョエル・エンビードとのコンビには大きな期待が懸かる。 マイアミ・ヒートとのカンファレンス準決勝では2連敗スタートとなったなか、当然ながらハーデンの今後の去就も気にかかるところだ。来季は4740万ドルのプレイヤーオプションで、仮にこの契約を全うした場合にはシクサーズと5年総額2億7000万ドル(約352億5000万円)のスーパーマックス額で再契約が可能となり、37歳となる最終年には6100万ドル(約80億円)を受け取ることになる。 ウィンドホースト記者は『ESPN』の番組『First Take』に出演し、「ハーデンはオプションを行使するだろう。問題は3年前ならハーデンはいまだにマックス契約に値する選手だが、フィリーではジョエル・エンビード、タイリース・マクシーもいて、ハーデンは第3の得点オプションだ。3年総額1億1000万ドル(約143億6000万円)あたりが妥当だ」と語っている。 32歳となり、3年連続得点王に輝いた頃に比べれば衰えも指摘されるハーデンだが、今夏にプレイヤーオプション行使となるだろうか。

▶▶「NBA JAPAN GAMES 2022」のチケット先行販売(抽選)に参加できるLEAGUE PASS(シーズンが)9900円に!

関連タグ

チーム

  • 76ers

選手

  • James Harden

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 76ersのジェームズ・ハーデンは今夏に4740万ドルの契約オプション行使が濃厚か