クリッパーズにブラッドリー・ビール獲得を米記者が提言 カワイ・レナード、ポール・ジョージとのビッグ3結成なるか

ロサンゼルス・クリッパーズはレギュラーシーズンをウェスタン・カンファレンス8位で終えるも、プレイイン・トーナメントで2連敗を喫し、3年ぶりにプレイオフ進出を逃した。『Bleacher Report』のグレッグ・スワーツ記者は、ワシントン・ウィザーズからブラッドリー・ビールをトレードで獲得し、カワイ・レナード、ポール・ジョージとビッグ3を結成するプランを“提案”している。 クリッパーズは昨年7月に部分断裂していた右膝前十字靭帯の修復手術を受けたレナードが、結局シーズン全休。孤軍奮闘していたジョージも右肘の内側側副靭帯断裂で長期離脱を余儀なくされ、レギュラーシーズン31試合の出場(平均24.3得点、6.9リバウンド、5.7アシスト)にとどまった。 レナードとジョージはは2024-25シーズン(最終年はプレイヤーオプション)までクリッパーズと契約を結んでおり、二枚看板中心のチーム作りは継続がベースだ。そのなかで、スワーツ記者はトレード案の一つに、「ブラッドリー・ビールがロサンゼルス・クリッパーズでNBAベストのビッグ3結成」とビールの獲得プランを掲げている。 その内容はノーマン・パウエル、テレンス・マン、ルーク・ケナード、ジェイソン・プレストン、さらに2028年のドラフト1巡目指名権、2022、23、24年のドラフト2巡目指名権と交換に、ビールを獲得するというものだ。記事では、「ビールがプレイイン・トーナメントに出場できなかったウィザーズから離れたいと判断した場合、クリッパーズは候補リストの上位だろう。レナード、ジョージ、ビールのビッグ3が全員健康なら、フェニックス・サンズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズなどとともにウェストのトップ争いを繰り広げられる」と展望している。 来季3640万ドル(約47億5000万円)のプレイヤーオプションであるビールは、5年総額2億4800万ドル(約323億7000万円)の契約にサインが可能だが、ウィザーズとの交渉はまだ進展がない。左手首の手術を受けて40試合の出場に終わったビールは、ウィザーズの一員であり続けるのか。今オフの動向はホットトピックの一つになりそうだ。

▶▶「NBA JAPAN GAMES 2022」のチケット先行販売(抽選)に参加できるLEAGUE PASS(シーズンが)9900円に!

関連タグ

チーム

  • クリッパーズ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. クリッパーズにブラッドリー・ビール獲得を米記者が提言 カワイ・レナード、ポール・ジョージとのビッグ3結成なるか