ステフィン・カリーが決勝ブザービーターで復調の兆し カーHCも信頼「次は入るという信念でやっている」

ゴールデンステイト・ウォリアーズは、日本時間1月22日にホームで行われたヒューストン・ロケッツ戦で105-103と勝利した。シュートスランプに陥っているなか、決勝ブザービーターを沈めて意地を見せたエースは、自身の哲学について語っている。 カリーはこの日、前半終了前に3ポイントを沈めるまで11本連続シュートミスという低調なスタートを切った。チームもクレイ・トンプソンとドレイモンド・グリーンを欠き、カンファレンス最下位のロケッツ相手に苦戦。そのなかで、103-103で迎えた第4クォーター残り1.6秒、カリーはケビン・ポーターJr.のマークをかいくぐってステップバックジャンパーを沈め、プロ初の決勝ブザービーターで今季33勝目をもたらした。 『ESPN』のケンドラ・アンドリューズ記者によれば、カリーは昨年のクリスマス以降、フィールドゴール成功率37%、11試合で30得点超えは1回のみとスランプに苦しんでおり、本人もフラストレーションを抱えていることを認めている。 「もっと上手くシュートを打ちたい。それは僕が取り組んでいることで、撃つ数にはこだわってきた。思い描いているレベルに到達できないと、フラストレーションが溜まるよ」 カリーはスランプの理由について、「パニックにはなっていない。シュートを外しているだけ。ミスしていること以外に理由はない」と冷静に分析。現役時代に同じシューターとして鳴らしたスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は、「フィールドゴール0/10でスタートした試合で、決勝シュートを決める。彼は『次のシュートは入る』という信念でやっている。彼はそれを信じてやまない」とエースに信頼を寄せている。 課題を認識したうえでのアグレッシブさ、長いシーズンにおいて適切なタイミングでピークをもっていくことにフォーカスするカリー。再び調子を上げてくるのも時間の問題だろう。

▶▶月額990円からNBAの試合が観られる! 詳しくはこちら

【お知らせ】1月22日配信のラプターズ対ウィザーズ戦、TEAM PASSとBASIC PASSへ見逃し配信のご案内

ブラッドリー・ビールはウィザーズと契約延長せず!? 米記者が指摘するその意図とは?

レブロン・ジェームズとレイカーズがトップに NBAと選手会が今季前半のジャージー&グッズ売り上げランキングを発表

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Stephen Curry

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ステフィン・カリーが決勝ブザービーターで復調の兆し カーHCも信頼「次は入るという信念でやっている」